80代の夫婦。夫は今も仕事をしているが、そんな夫を妻は支え切れなくなり2人で老人ホームに入りたい!

対象者の80代のご主人様は奥様と2人暮らし。要介護2の奥様はご自身の身体と家事のやりくりに不安を感じ、ご夫婦で老人ホームに入ることを考え始めました。しかし、仕事が生きがいのご主人様は拒否し続けています。

老人ホームの立地選び。選んだのは、「通える人に近い場所」でした。

相談者はご長男様です。認知症のため長期入院してきたお父様の症状が安定してきたため、病院側から退院を勧められています。自宅での介護は難しいため老人ホームの入居を検討していますが、ご長男様は親戚と自分たちの中間地点でみんなが通いやすい老人ホームを探したいとおっしゃいます。よく話を聞いてみると、他県に住むご親戚の方は体調が悪く、すぐにかけつけることはできないとのこと。このままでは誰からも遠い場所になりかねないと感じ、「入居してからも家族の対応が必要になる場面があります。すぐにかけつけることのできる場所がよいのでは?」と、ご長男様にお伝えし、ご長男様のお住まいの近くにある老人ホームへの見学をご提案させていただきました。

パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院。在宅復帰を目指して老人ホームに入居したい

相談者は対象者の奥様。対象者は90代男性で夫婦2人暮らし。パーキンソン病の持病があり誤嚥性肺炎で入院、ペースト状の食事が必要に。奥様も持病があり自宅での介護が困難なことからホームの入居を検討しました。

母は特別養護老人ホームに入居中。長男様は不規則勤務で介護困難。父の介護をどうすればいい?

相談者は対象者の長男様。対象者は80代男性で、妻の特別養護老人ホーム入居後は独居でした。長男様は不規則な勤務体系で、近距離だとしても面会に行ける日は限定的。そこで休日に親族や友人を誘って、にぎやかに面会に行ける観光地のホームを探していました。

自宅を売って老人ホームに入りたい

相談者は、病院のソーシャルワーカー様。対象者は、80代女性で独居。複数の持病があり、高齢で服薬管理が難しいことからホームを検討中。ご自宅を売却して、ホームの入居金に充てることを希望しています。年金は月額約6万円で、預貯金は200万円程度。厳しい予算の中、ご自宅を売却して入居金に充て、月額利用料を安くして予算内に収まる老人ホームをご提案しました。