前立腺ガン治療後に特殊な尿道バルーンカテーテルを装着。24時間看護スタッフ常勤のホームに入りたい!!

90代で独居のご対象者様は前立腺ガンで入院。治療後は夜間ケアが必要な特殊な尿道バルーンカテーテルを装着しています。入院中にADLが落ちて車イス生活となり、要介護度3に。退院後はホーム入居をご希望です。

ホームに入居するために健康診断を受けたら脳梗塞がわかり即入院!

ご対象者様は80代の男性で息子様と同居。ある日、突然ベッドから起き上がれなくなり、在宅介護もままならない状態に。老人ホームへの入居を決めますが、健康診断を受けた際に脳梗塞が発覚。緊急入院となりましたが、退院後は入居予定のホームに移ることをご希望です。