姑は重い認知症で孫にまで暴言を吐き、家庭崩壊の危機に。距離を置くべきだと考えた長男の妻は老人ホーム入居を決意!

認知症状が重く、ひどい暴言の80代の女性。長男様ご家族と暮らしていましたが、長男様が病気で入院することになり、奥様が一人で介護を担うことに。お孫様たちにまで暴言を言うようになり、対応に限界を感じた奥様が老人ホーム入居を検討しています。

誤嚥性肺炎の人が入れる介護施設はありますか?

誤嚥性肺炎で入院中にADLが低下。対象者様は車イスで、誤嚥性肺炎のケアも必要です。そこで選定したのは、「ST(言語聴覚士)による嚥下機能の訓練」が受けられる老人ホーム。また、誤嚥性肺炎と関係の深い「口腔ケアが充実」している老人ホームにも注目しました。どちらも、自力で食事をしたいという気持ちに寄り添ってくださる老人ホームかどうかの見極めにとても大切です。最後に症状が進んでしまった場合も考慮して、たん吸引に対応できる24時間看護付きも視野に入れ、入居先の候補を何件か挙げさせていただきました。

認知症の父は散歩が大好き!しかし、徘徊による問題行動が多くなり、家族の疲労と不安は増す一方!

70代のお父様は認知症による徘徊が始まり、お母様一人の手に負えない状態に。ご近所の目もあり、精神的に疲れ切っている状態です。お父様は家から抜け出し、帰れなくなるなど問題行動も多くなってきたので、息子様が老人ホーム入居を検討されています。

要介護2で認知症の身寄りのない独り暮らし。ホーム入居を拒み続けるご本人様が入院中に感じたことは?

ご対象者様は、80代の独居女性で要介護2。耳の聞こえがよくない上、認知症が進み、徘徊や火の始末にも不安が生じるように。身寄りがないため成年後見人が老人ホームへの入居をすすめますが、応じようとしません。

肺炎で入院して急きょ、老人ホームの入居が決定。いずれは認知症の妻と一緒にホームへ入りたい

相談者は対象者の娘。対象者は80代男性で肺炎のため入院し、要介護1。自宅で暮らす奥様は認知症が進んでいて、いずれはご夫婦での入居も見据えて、まずは緊急度の高いご対象者様の老人ホーム入居を決めました。

80代の夫婦。夫は今も仕事をしているが、そんな夫を妻は支え切れなくなり2人で老人ホームに入りたい!

対象者の80代のご主人様は奥様と2人暮らし。要介護2の奥様はご自身の身体と家事のやりくりに不安を感じ、ご夫婦で老人ホームに入ることを考え始めました。しかし、仕事が生きがいのご主人様は拒否し続けています。