老健から有料老人ホームへ、悩む老人ホーム探し

ご対象者は、80代の男性。認知症が進み、身体機能も衰え、老健に入所。退所日を控え、奥様は旦那様のために多くのホームを見学。いろいろと見過ぎて、どこがよいか判断できず、困っていらっしゃいました。そこで、まずは本当に必要な条件を整理することに。その段階で奥様は「旦那様が歩けるようにリハビリができて、医療ケアの整ったホーム」を望まれているとわかりました。

介護老人保健施設(老健)を退所後、自宅復帰のため、リハビリできる老人ホームを探したい

ご対象者様は、80代の女性。身体機能の衰えから、歩行が困難になり入院しました。退院後は介護老人保健施設(老健)に入所。退所を控えていますが、家に戻れる状態ではありません。自宅復帰を叶えるため、リハビリの強い老人ホームを紹介しました。

老健から有料老人ホーム!退院後の施設について、意見が分かれた場合は。

長男様と2人暮らしのお母様は、入院中に日常生活動作が低下し、車イス生活になってしまいます。長男様には仕事があるため、「認知症を患っている母が、日中1人だと心配」になり老人ホームを探しはじめました。しかし、長女様は、老健(介護老人保健施設)でのリハビリを希望し、有料老人ホームを探している長男様とは意見がわかれてしまいました。そこで、相談員は、「まずは老健に入所してはどうか」と提案。このままホームに入居しても、長女様の心にしこりが残ってしまうためです。家族間で意見が対立したときは、第三者を間に入れると話がまとまりやすくなることもあります。

過去にリハビリ最優先で豪華なホームを選び失敗、おじに同じ思いはさせたくない

ご対象者は、90代男性。病気で入院中でしたが、退院後に入る老人ホームを検討していたなかで、主介護者が変更。新しい主介護者には、身内の介護時に、リハビリ最優先でホーム選びに失敗した苦い過去があり、本人に合った施設を探しました。

回復期に老健でリハビリをするつもりだったが、満床。自宅には戻れないが、退院は10日後

80代のお父様は、ご夫婦で生活していましたが、転倒による骨折で入院することに。退院後の回復期は「介護老人保健施設(老健)でリハビリ」を希望していましたが、空きがなく、老健入所までのつなぎとして近隣の老人ホームを検討しています。

脳梗塞で回復の見込みはないと言われたが、リハビリして自宅に戻りたい

60代女性で夫婦二人暮らし。脳梗塞の後遺症で半身マヒになりましたが、まだ年も若く認知症の症状もないため、老人ホームでリハビリをして自宅復帰を強く希望。ご主人様と息子様は老人ホームのリハビリについて知りたがっていました。