末期ガンの医療行為が可能ですぐに入れるホームはある?

ご対象者様は80代の男性。奥様と娘様と同居していましたが、現在は入院中です。末期ガンであるため、退院を控え老人ホームへの入居を検討。医療行為が可能で、すぐに入居できる自宅周辺の老人ホームを探しています。

麻雀、カラオケ、囲碁、将棋…。老人ホーム入居後も趣味を続けたい

相談者は居宅支援事業所のケアマネジャー。対象者は80代男性で独居。パーキンソンの持病あり。認知症もなく自立していたものの何度か転倒骨折しており、独居に不安を覚えて入居を検討。多趣味なため自由度の高いホームを希望していました。

独居でガンの母を娘宅近くに呼び寄せて、手頃な料金のホームに入れたい

90代のお母様は独居。平日は小規模多機能居宅介護サービスを利用し、休日は娘様が遠距離介護していました。そうした中、お母様はガンで入院。娘様はお母様を呼び寄せて、ホーム入居を検討していますが、難航中です。

ネットでの評判が良い老人ホーム、見学した上で比較してみると……?

相談者は、ご対象者の弟。ご対象者は、80代の男性でケアハウス入居中です。脳疾患で入院したところ、退院後は介護度が上がってしまうためケアハウスを退去しなければならず、終の棲家として老人ホームを探していました。相談員が紹介した施設を見学後、ネットで高評価だった施設も訪れてみました。

てんかんで入院した90代の父。家族は老人ホームをリハビリ重視で探すが?

てんかんで入院中の90代のお父様が、退院後に在宅復帰が困難となり、老人ホームを探しはじめました。長男様はリハビリを重視されておりましたが、ご本人にとって、これからの生活で何を重視すべきかを一緒に考えさせて頂きました。

床ずれと在宅酸素療法により、老人ホームからの受け入れ拒否

80代のお母様は、肺の病気で入院。その後は在宅酸素が必要になりました。住んでいた特養に戻ることは難しく、遠方に住む次女様は、自力でホームをお探し中でした。しかし、医療依存度の高い人でも入れるホーム探しは難しく、老人ホームから断られてしまったとのこと。自分で探してうまくいかないときは、老人ホーム選びの専門家にご相談ください。