認知症でご近所トラブル続出!老老介護で母は寝たきり、父は元気だが認知症が進行

90代のお父様は、ほぼ寝たきりのお母様と二人暮らし。お父様のアルツハイマー型認知症が進み、電子レンジ爆発などのご近所トラブルも相次いでいます。息子様は身の安全や近所迷惑を考え、お父様の老人ホーム入居を検討されます。

肺炎で入院。住んでいたグループホームには戻れなくなった

相談者は対象者の長女様。対象者は90代男性でグループホームに入居していました。しかし肺炎を起こして入院し、容体が安定しないことから、もといたグループホームへ戻ることができなくなったため、有料老人ホームを探していました。

老老介護の両親、母の介護疲れが心配で施設入居も視野に

対象者のお父様は80代。認知症で夫婦2人暮らしの老老介護です。お母様の介護疲れを心配した娘様から施設入居も視野に、あいらいふ入居相談室に連絡が入りました。ところが当のご本人、お母様は施設入居には断固反対のご様子です。そのうちにご主人様が圧迫骨折により入院することになり、娘様をはじめ周囲は在宅介護の限界を感じ、退院後の施設入居で固まります。お母様は入院によりお父様がご不在となり、介護の喪失感からか、虚脱状態となり施設見学にも来ません。入居先が決まり、相談員が真っ先に案じたのは、ずっと介護をしてきたお母様の心のケアでした。

予算重視で老人ホームを希望。レクリエーションの好きな母に合う?

要介護1、81歳のお母様は、ご息子様と同居。短期の記憶障害が頻繁になり、便失禁も始まったため、自宅での介護が難しく老人ホームを探すこととなりました。レクリエーションが充実し、建物もきれい。自然環境に恵まれて、温かな雰囲気の介護付有料老人ホームを選ばれました。

「介護の限界」がわからないときは、専門家と話して冷静な見極めを!

80代のお母様は、長男夫婦と二世帯同居です。これまではデイサービスやショートステイを利用していましたが、お母様の認知症が進行。介護を担当していた長男様に介護疲れが溜まっているご様子。そこで相談員は、長男様を近くのグループホームの見学へとお誘いしました。自宅で介護して「もう無理」となったら、こうした受け皿があることを知っていただきたかったからです。