温泉付き、広い居室、家や病院との距離など、老人ホームを選ぶ基準が次々に

80代の女性で独居。老人ホームを検討し始めました。「広い居室で温泉付き」、「家から離れた場所で、通院するのに近いエリア」をご希望。こういったケースでは、まずパンフレットを見て頂き、すぐに実際の老人ホームを見学して頂くようお願いしております。

夫婦の絆でリハビリ成功。老人ホーム入居後、半年で自宅復帰をかなえた

相談者は80代の奥様。同じく80代の旦那様は、大腿骨頸部骨折によって歩行器が必要になりました。退院後は自宅に戻ることを希望しますが、奥様自身も要支援で娘夫婦は共働きのため難しく、老人ホームを検討しました。

<老人ホーム入居後、夫婦部屋事例>老老介護の母が脳梗塞で入院。介護必要な父は介護サービスの利用を拒否

ご対象者様は、80代の男性。要介護で奥様と2人暮らしですが、奥様は脳梗塞で入院してしまいます。遠方に住む娘様は、介護サービス利用を勧めますが、お父様は断固拒否。家族だけでの介護に限界が近づいてきました。

老老介護の限界、だけど一人で老人ホームは寂しい!

80代で認知症の奥様、同居されているご主人様は老老介護に疲れきっています。ご夫婦そろって健康に過ごすために、老人ホームの夫婦部屋へ入居して奥様は専門家のケアを受け、ご主人様は奥様に寄り添いながらホームと自宅とを行き来する生活がベストとご提案しました。