認知症が重くなって老人ホームへの入居を検討。身寄りがないため成年後見制度により弁護士が成年後見人に!

70代独居の女性で認知症が著しく進行。「見当識障害」も起き、独りで暮らすことが困難となったため、地域包括支援センターのケアマネジャー様からご相談がありました。女性は身寄りがなく成年後見制度を利用しています。

疥癬(かいせん)の治療を終え、退院後は老人ホームに入居希望。しかし、どこも感染を恐れて門前払い!!

80代で独居の男性は腎臓病と疥癬*1 が悪化して入院。すべての治療を終えて退院が決定。在宅復帰は困難です。老人ホームへの入居を検討しますが「疥癬の治療を終えたばかりでは」と、どこも門前払い。

末期ガンで治療の手立ては緩和ケアのみ。でも、最期は病院ではなく医療的ケアが可能な老人ホームで!

ご夫婦でお暮らしの90代の男性が末期の肝臓ガンで入院。残された治療法は疼痛ケアのみでした。医師から緩和ケア病棟を勧められますが、お父様の意思を尊重し「老人ホームで最期を」と息子様が希望されます。

熱中症で入院し中心静脈栄養(IVH)に。インターネットでホームを探すが、どこも入居拒否!どうしたらいいの?

独居の80代のお母様が熱中症で緊急入院。体力が落ちて口から食事が摂れずIVHによる点滴をしている状態ですが、退院を告げられホームを検討。しかし、娘様がご自分で探すも、ことごとく断られてしまいます。

インスリン投与にたん吸引、認知症を抱える父が大腿骨骨折で入院。退院後の行き先は?

80代の独居男性が大腿骨骨折で入院。糖尿病を抱えインスリン投与が必須ですが、認知症もあり退院後に自宅に戻るのは難しい状況です。ご家族は引き取れず、予算にも限りがある中、ホームを検討されています。

パーキンソン病の母が入院。IVHとたん吸引が必要となり寝たきりに!一方、認知症の父も体調不良で入院!

70代で認知症のお父様とパーキンソン病のお母様。お2人で生活していましたが、それぞれが入院。お母様は誤嚥性肺炎が悪化して寝たきりに。IVHとたん吸引などの医療行為が必要になり在宅復帰は困難です。

独居の父が抗がん剤の通院治療に!体力や食欲も低下。病院に近くて食事がおいしい老人ホームを検討したい!!

70代のお父様が体調不良で入院した際、ガンが発覚。5クールの抗がん剤治療を受けることになりますが、2クール目から通院治療に。副作用もひどいため、お父様の独居生活に医師と娘様が待ったをかけました。

前立腺ガン治療後に特殊な尿道バルーンカテーテルを装着。24時間看護スタッフ常勤のホームに入りたい!!

90代で独居のご対象者様は前立腺ガンで入院。治療後は夜間ケアが必要な特殊な尿道バルーンカテーテルを装着しています。入院中にADLが落ちて車イス生活となり、要介護度3に。退院後はホーム入居をご希望です。