認知症の父による暴力で介護の限界です。認知症でも受け入れてくれる老人ホームを探しています

80代のお父様は急激に認知症が進行し、介護の限界を迎えた息子様は老人ホームへの入居を検討しました。地域の方から尊敬されていた父親の変貌に戸惑う息子様でしたが、認知症ケアに精通している老人ホームの施設長と話をすることで、今までの疑問が解けました。信頼できる施設長のいる老人ホームなら安心できると入居を即決しました。

プライドの高い父の認知症が進行し暴言や暴力がひどくなりました。受け入れてくれる老人ホームはありますか?

大企業のモーレツ社員だった80代のお父様は、定年退職後に認知症を発症し家族に暴言、暴力を振るうようになりました。問題行動があっても受け入れ可能で、かつ、かかりつけの心療内科医の往診ができる老人ホームはないかと相談を受けました。そこで、施設とは思えないほどの洗練された雰囲気で、オープンしたばかりでまだ入居者が少ない老人ホームへの入居を提案しました。

認知症の父の暴言がひどくて、毎日恐怖に震えています。老人ホームの玄関の鍵は施錠されているのでしょうか?

認知症による暴言が顕著な90代の男性。恐怖を感じたご家族様が老人ホーム入居を検討しますが、「逃げ出してすぐに帰ってくるのでは」と心配しています。多くの老人ホームでは、入居者の安全を考慮してエントランスの鍵を施錠しているため、遠方にこだわらなくても心配ないことを説明し、老人ホームを提案しました。

認知症の妻の暴言と暴力がエスカレート。同居が難しくなり老人ホームを検討

80代の奥様は認知症が悪化し暴言、暴力が酷く、ご主人様は介護疲れでダウンしてしまいます。ご夫婦暮らしのため、ご主人以外に介護する方がおりませんので、奥様は病院に措置入院されますが、退院が決まったところで老人ホームへの入居を検討しました。

認知症の母を10年以上自宅で介護!母の暴言、暴力に疲れ切った娘は、同居生活に終止符…

80代のご夫婦は娘様ご家族と同居。お父様はお元気ですが、お母様は認知症で、暴言、暴力がひどく娘様は離職をして10年以上、自宅で介護されていらっしゃいます。母の暴言、暴力はひどくなる一方で、娘様は心身ともに疲弊。お母様の大腿骨頸部骨折の入院を機に、老人ホームへの入居を検討されます。

認知症の母は、老人ホームへ体験入居するが、問題行動で受入拒否。

ご対象者様は、80代の女性。認知症の悪化で入院。退院が決まり、娘様はお母様が入れるホームを探し、体験入居にこぎつけました。しかし、お母様は暴言や徘徊など問題行動を起こし即日退去。受入先がなかなか見つかりません。そこで、相談員がご紹介したのは「家の近くで認知症の個別ケアが手厚く、精神科の往診のあるホーム」と「家庭的な雰囲気でレクリエーションが活発で、家からは少し離れているホーム」の2軒です。