認知症の父の強い被害妄想の矛先は自分。日々の対応にすり減っていく心をどうしたらいいの?

被害妄想の強い認知症のお父様から毎日暴言を浴び、心が折れてしまいそうな息子様。一時的に介護老人保健施設(老健)のショートステイを利用しますが、退所後、もとのつらい日々には戻れそうもありません。相談員は、少ない手持ちでも、穏やかな環境で過ごせる老人ホームをご提案しました。

認知症の父の暴言がひどくて、毎日恐怖に震えています。老人ホームに入居してもらいたいけど、逃げ出さないように玄関は施錠されるのでしょうか?

認知症による暴言が顕著な90代の男性。恐怖を感じたご家族様が老人ホーム入居を検討しますが、「逃げ出してすぐに帰ってくるのでは」と心配しています。多くの老人ホームでは、入居者の安全を考慮してエントランスを施錠しているため、遠方にこだわらなくても心配ないことを説明し、老人ホームを提案しました。

妻は認知症で暴言と暴力の嵐!!夫との同居が難しくなり老人ホームを検討するが、いずれは夫婦で暮らしたい!

認知症で80代の女性。ご夫婦暮らしですが、奥様の認知症が悪化。暴言、暴力がひどく、ご主人様は介護疲れでダウンしてしまいます。奥様は病院に措置入院されますが、退院が決まったところで老人ホームへの入居を検討します。

姑は重い認知症で孫にまで暴言を吐き、家庭崩壊の危機に。距離を置くべきだと考えた長男の妻は老人ホーム入居を決意!

認知症状が重く、ひどい暴言の80代の女性。長男様ご家族と暮らしていましたが、長男様が病気で入院することになり、奥様が一人で介護を担うことに。お孫様たちにまで暴言を言うようになり、対応に限界を感じた奥様が老人ホーム入居を検討しています。