母が入居する老人ホームを息子夫婦が仮予約するも、叔母の反対意見でご破算に

ご対象者は、息子様家族と2世帯住宅で暮らす80代のお母様。普段の生活は別々です。お母様は足腰が弱って、ショートステイへ。退去日が迫り、息子様は近所のホームを仮予約しますが、叔母様の異見でご破算に。相談員を交えて、家族会議を行い、新たな施設を選定しました。

認知症の母への父からの暴言。母は「入居金0円」で老人ホームへ避難。

80代の奥様は、旦那様と2人暮らし。奥様に認知症の症状が出はじめると、旦那様からの暴言が増え、ストレスをかかえた奥様は入院してしまいます。相談者の娘様は、緊急避難的に入れる老人ホームを探していました。緊急性が高いと判断した相談員は、「0円で入居」して、老人ホームで様子をみるという選択肢をご提案。入居金・月額型は途中変更が可能。急ぎの場合は入居後に検討することもできます。

老人ホームでのショートステイを嫌がる夫、妻に頼りきっていたので独りでの生活は困難

80代の男性で奥様と2人暮らし。奥様が1か月間検査入院をする為、生活のすべてを奥様に頼っていたご主人は独りで生活することが困難なので、ショートステイをすることに。しかし、ご主人はショートステイを嫌がるので、ゼロから人間関係を築ける新規オープンの老人ホームを紹介することに。

有料ショートステイを利用したいが、老人ホーム指定の健康診断書がそろえられない

要支援2の80代独居の女性。老人ホーム指定書式の健康診断書は用意に最低1週間以上かかります。そこで、地域の健康診断書、入院時の病院からの診療情報、ケアマネジャーとの連携により2日で有料ショートステイを利用することができました。