お母様の認知症が進み徘徊も。父は自宅介護に固執し、老人ホーム入居を断固拒否。

お母様は、80代で認知症。普段はご自宅でお父様がお母様の介護をしています。老老介護のお父様の疲労困ぱいぶりを心配して、近所に住む息子様はお母様のホーム入居を検討しますが、お父様の同意は得られません。そこで、相談員がお父様とお母様をホーム見学にご招待。実際に見ることでお父様も納得し、ご自宅近くのホームの検討を始めることとなりました。

老人ホームの「2人部屋」のメリット、認知症の孤独感を解消も

80代の旦那様は、自宅で転倒して出血が止まらず、救急搬送されました。老老介護で認知症も進行していることから、退院後に自宅へ戻ることは難しいと判断。認知症の方の場合、“寂しさ”が問題行動の原因となる場合もあります。そこで「2人部屋」のお部屋をご提案させていただきました。

夫婦の絆でリハビリ成功。老人ホーム入居後、半年で自宅復帰をかなえた

相談者は80代の奥様。同じく80代の旦那様は、大腿骨頸部骨折によって歩行器が必要になりました。退院後は自宅に戻ることを希望しますが、奥様自身も要支援で娘夫婦は共働きのため難しく、老人ホームを検討しました。

妻が骨折で入院。老老介護の夫は、妻の老人ホーム入居を拒否

80代の奥様は、骨折で入院後、早急に退院が決定。旦那様はパーキンソン病で要介護状態です。奥様の自宅復帰は難しいので、老人ホームを検討しますが、旦那様は猛反対。奥様は退院後の行き先を探すこともできません。そこで、無理を承知で相談員が自宅へ訪問をしましたところ、旦那様にお時間をいただくことができました。緊急性の高い入居は、相談員を介すと見学から入居までの手続きも早くスムーズに運びます。

がんの既往症もある妻が骨折で入院。回復期リハビリとして老健希望の夫だが意気消沈の末、うつ病で寝たきりに

60代の奥様は、自宅で転倒して骨折。がんの既往症がある上、うつ病を発症して救急病院で寝たきりに。家に戻るまでに回復するには、心のケアと体のリハビリが必要です。しかし、旦那様の要望は異なるものでした。

<老人ホーム入居後、夫婦部屋事例>老老介護の母が脳梗塞で入院。介護必要な父は介護サービスの利用を拒否

ご対象者様は、80代の男性。要介護で奥様と2人暮らしですが、奥様は脳梗塞で入院してしまいます。遠方に住む娘様は、介護サービス利用を勧めますが、お父様は断固拒否。家族だけでの介護に限界が近づいてきました。

回復期に老健でリハビリをするつもりだったが、満床。自宅には戻れないが、退院は10日後

80代のお父様は、ご夫婦で生活していましたが、転倒による骨折で入院することに。退院後の回復期は「介護老人保健施設(老健)でリハビリ」を希望していましたが、空きがなく、老健入所までのつなぎとして近隣の老人ホームを検討しています。