入院生活で、床ずれが。最終目標は自宅復帰!

80代のお父様は、肺と血液の病気で入院。足に床ずれができたため、車イスでの生活を余儀なくされます。最終目標は自宅復帰ですが、娘様はそこに至るまでに、お父様がリハビリのできる老人ホームを探しています。まずはホーム見学へ。機能訓練指導員が複数常勤し、リハビリの時間以外にも屋上で外気浴が楽しめるホームと、理学療法士(PT)と作業療法士(OT)が常勤し、病院への送迎が無料のホームの2軒を見学しました。

年金暮らしで老人ホームの入居金が払えない

相談者は、ご対象者様の妻。旦那様は、80代で夫婦2人暮らしです。脳腫瘍によってマヒが進行し、自宅生活が不可能に。年金の範囲内で、自宅暮らしの妻の生活費とホーム費用の両方を賄えるホームを探していました。また将来的には特養を希望しているため、一時金を払わずに入居できる老人ホームをご希望されていました。

パーキンソン症候群の父親。老老介護の限界を訴える母だが、遠方で暮らす長男とは温度差が……

ご対象者様は80代の男性。ご夫婦でお暮らしですが、自宅で転倒して入院。お父様は自宅復帰を希望されていますが、お母様は自分のことで精一杯。近くに住む次男様と、お父様の老人ホーム入居を検討し始めました。 ところが、やや遠方にお住まいの長男様とは介護に対する見方に温度差がありました。