妻が大腿骨頚部骨折で入院。リハビリは順調だが、夫は老老介護が不安。妻は趣味継続のため退院後もリハビリをしたい!

70代の奥様が大腿骨頚部骨折で入院。退院時期が迫りましたが、奥様には軽度の認知症があり、ご主人様は自宅での介護に不安なご様子。一方、奥様は趣味のフラダンスを再開するためリハビリを強く希望されています。

これ以上、妻に迷惑をかけられない!!認知症で杖歩行の夫は旅行先での転倒を機に自ら老人ホームに入ると決断

80代のご主人様は軽い認知症で杖歩行。奥様とお暮らしですが、ご夫婦で旅行した際、転倒。奥様は腰痛持ちで手を貸すこともできず、救急車を呼ぶ始末。これを機にご主人様は老人ホームへの入居を考えます。

認知症の父は散歩が大好き!しかし、徘徊による問題行動が多くなり、介護をしていた母の疲労と不安は増す一方!

70代のお父様は認知症による徘徊が始まり、お母様一人の手に負えない状態に。お父様は家から抜け出し、帰れなくなるなど問題行動も多くなってきたので、息子様が老人ホーム入居を検討されています。

老老介護で母は寝たきり、父は元気だが認知症が進行。電子レンジ爆発などご近所トラブル続出!!

90代のお父様は、ほぼ寝たきりのお母様と二人暮らし。お父様のアルツハイマー型認知症が進み、電子レンジ爆発などのご近所トラブルも相次いでいます。息子様は身の安全や近所迷惑を考え、お父様の老人ホーム入居を検討されます。