ショートステイの利用期限が迫っている。ショートステイ後の受け入れ先は?

相談者は対象者の娘。対象者は80代女性で夫、娘と同居。熱中症による救急搬送をきっかけに要介護状態に。夫にも持病があり、娘1人で両親2人の介護をすることが困難になったため老人ホームを探していました。

老老介護の両親、母の介護疲れが心配で施設入居も視野に

対象者のお父様は80代。認知症で夫婦2人暮らしの老老介護です。お母様の介護疲れを心配した娘様から施設入居も視野に、あいらいふ入居相談室に連絡が入りました。ところが当のご本人、お母様は施設入居には断固反対のご様子です。そのうちにご主人様が圧迫骨折により入院することになり、娘様をはじめ周囲は在宅介護の限界を感じ、退院後の施設入居で固まります。お母様は入院によりお父様がご不在となり、介護の喪失感からか、虚脱状態となり施設見学にも来ません。入居先が決まり、相談員が真っ先に案じたのは、ずっと介護をしてきたお母様の心のケアでした。

介護疲れで家族が入院。認知症で入居を拒否する母をどう説得する?

娘様と同居する、90代のお母様は認知症です。ご家族は気を休めることができず、介護疲れから体調を崩し、相次いでダウン。自宅介護に限界を感じ、ホームへの入居を勧めますが、お母様は断固拒否。問題は深まる一方です。お母様の「体を動かすことが好き」という趣味の部分から、説得を試みました。

寝たきりで車イス生活をしている父に共同トイレは負担?

独居で90代のお父様は、突然、体調を崩して寝たきりに。遠方に住む息子様が介護をしていますが、その疲労は極限です。息子様からは「今すぐ入居できる老人ホームを探してほしい」とのこと。相談当日にご希望をうかがい、ホームを選定。2件のホームを見学されて、気になったのは、居室のトイレの有無。今は車イスで生活をしているお父様にとって、共同トイレは負担が重そうです。

お母様の認知症が進み徘徊も。父は自宅介護に固執し、老人ホーム入居を断固拒否。

お母様は、80代で認知症。普段はご自宅でお父様がお母様の介護をしています。老老介護のお父様の疲労困ぱいぶりを心配して、近所に住む息子様はお母様のホーム入居を検討しますが、お父様の同意は得られません。そこで、相談員がお父様とお母様をホーム見学にご招待。実際に見ることでお父様も納得し、ご自宅近くのホームの検討を始めることとなりました。

「介護の限界」がわからないときは、専門家と話して冷静な見極めを!

80代のお母様は、長男夫婦と二世帯同居です。これまではデイサービスやショートステイを利用していましたが、お母様の認知症が進行。介護を担当していた長男様に介護疲れが溜まっているご様子。そこで相談員は、長男様を近くのグループホームの見学へとお誘いしました。自宅で介護して「もう無理」となったら、こうした受け皿があることを知っていただきたかったからです。