母は特別養護老人ホームに入居中。長男様は不規則勤務で介護困難。父の介護をどうすればいい?

相談者は対象者の長男様。対象者は80代男性で、妻の特別養護老人ホーム入居後は独居でした。長男様は不規則な勤務体系で、近距離だとしても面会に行ける日は限定的。そこで休日に親族や友人を誘って、にぎやかに面会に行ける観光地のホームを探していました。

老老介護の両親、母の介護疲れが心配で施設入居も視野に

対象者のお父様は80代。認知症で夫婦2人暮らしの老老介護です。お母様の介護疲れを心配した娘様から施設入居も視野に、あいらいふ入居相談室に連絡が入りました。ところが当のご本人、お母様は施設入居には断固反対のご様子です。そのうちにご主人様が圧迫骨折により入院することになり、娘様をはじめ周囲は在宅介護の限界を感じ、退院後の施設入居で固まります。お母様は入院によりお父様がご不在となり、介護の喪失感からか、虚脱状態となり施設見学にも来ません。入居先が決まり、相談員が真っ先に案じたのは、ずっと介護をしてきたお母様の心のケアでした。

ネットでの評判が良い老人ホーム、見学した上で比較してみると……?

相談者は、ご対象者の弟。ご対象者は、80代の男性でケアハウス入居中です。脳疾患で入院したところ、退院後は介護度が上がってしまうためケアハウスを退去しなければならず、終の棲家として老人ホームを探していました。相談員が紹介した施設を見学後、ネットで高評価だった施設も訪れてみました。

年金暮らしで老人ホームの入居金が払えない

相談者は、ご対象者様の妻。旦那様は、80代で夫婦2人暮らしです。脳腫瘍によってマヒが進行し、自宅生活が不可能に。年金の範囲内で、自宅暮らしの妻の生活費とホーム費用の両方を賄えるホームを探していました。また将来的には特養を希望しているため、一時金を払わずに入居できる老人ホームをご希望されていました。

温泉付き、広い居室、家や病院との距離など、老人ホームを選ぶ基準が次々に

80代の女性で独居。老人ホームを検討し始めました。「広い居室で温泉付き」、「家から離れた場所で、通院するのに近いエリア」をご希望。こういったケースでは、まずパンフレットを見て頂き、すぐに実際の老人ホームを見学して頂くようお願いしております。