父の間質性肺炎が悪化し在宅酸素が必要になりました。行動が制限されるなら老人ホームに入りたくないと、入居を拒否して困っています…

入退院を繰り返すお父様が、間質性肺炎で入院。退院後は在宅酸素が必要になり自宅介護は難しいと、息子様夫婦は老人ホームへの入居を希望されます。「老人ホームに入ったら行動が制限されるのでは」と、お父様は心配されましたが、基本的に在宅酸素で行動を制限さることはなく、設備の充実したきれいで快適な老人ホームを気に入り、入居することになりました。

自由気ままな独り暮らしを謳歌したい90代の母が肺炎で入院。ADLが低下して自宅生活は無理だが、老人ホーム入居は断固拒否!

独居の90代のお母様は風邪をこじらせて肺炎で入院。ADLが低下してしまい、ご家族様は退院後に老人ホームへの入居をすすめますが、お母様は「絶対に行きたくない」と断固拒否されています。

骨粗しょう症で独り暮らしが難しくなった母。「老人ホームはどこも一緒でしょ」と、適当に決めようとする息子。老人ホームを決めるときは何軒見学すればいい?

骨粗しょう症で骨折を繰り返す独居で90代のお母様。日々の世話をしていた娘様が入院し、すぐに退院するも安静が必要で、お母様の独居が難しくなりました。キーパーソンとなった息子様が老人ホームを探しますが、「どこのホームもケアの内容は一緒でしょ」と考えているようです。

意外にも供給少なめな夫婦2人部屋。スムーズな老人ホーム入居には部屋の仮押さえが必要?

ともに認知症を抱え、2人で暮らしている80代のご夫婦ですが、ある日奥様が心不全で入院。すると、ご主人様は心配と不安のあまり奥様を探しに出かけ、ご自身の透析を忘れてしまいます。困った息子様は、夫婦で安心して暮らせる方法を模索しています。

脳出血で発語や嚥下機能に障害が。楽しみを失った母をどうにか元気づけたい

脳出血で倒れた80代のお母様。全介助となり言語障害が出たうえ、食事もミキサー食となってしまいました。ご家族は、食べることと歌うことが好きだったお母様のために、何らかの楽しみを見いだせる暮らしを希望しています。

「食事やデイサービスが気に入らない!」とごねる80代母。毎日の呼び出しに、家族は住み替えを決意

ご対象者は、サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の不安神経症を抱える80代女性。デイサービスへの参加が苦痛で食事にも不満を持ち、不安神経症が悪化。娘様は毎日のように呼び出され、疲弊しきっています。

脳梗塞に誤嚥性肺炎。母の介護を続けるなら娘は退職!?「これ以上、迷惑をかけられない」と母は老人ホームに入ることを決心!

90代のお母様は脳梗塞になりマヒが残りました。娘様が休職して介護にあたっていましたが、誤嚥性肺炎で再び入院。このままでは娘様は退職せざるをえない状況に。お母様は老人ホームへの入居を決断されました。

家での転倒が増え、独居生活に自ら終止符!入居希望のホームは自宅の近辺で毎日の入浴が必須条件

要支援2の80代男性は独身で独居。70歳まで仕事一筋できたが、最近、家にいる時間が増え、転倒することが多くなった。救急車で運ばれたことも……。骨折や寝たきりになる前に老人ホームへの入居を考え始めた。

心不全で入院の母は治療を終え、1週間以内に退院するよう病院から勧告!期限内に転院先が決まりそうもない!!

80代で独居のお母様が心不全で入院。一通りの治療を終え、1週間以内に退院するよう勧告されます。娘様はお母様を呼び寄せて、近くの老人ホームへの入居を検討しますが、早急に入れるホームが見つかりません。