もっとリハビリがしたい

【困っていること】

・父は脳梗塞の再発でうつ病に。骨折を機に独居生活に自信喪失。
・リハビリ目的でデイサービスに通うも物足りない。
・デイサービスに通わなくなり、家にこもるように。娘は仕事があり、父の介護は無理。

入居したホーム

医療対応とリハビリに定評がある施設。開設間もないので設備がきれい。

相談者の概況

ご対象者様は70代の男性で独居。同じマンションに娘様ご家族がお住まいですが、お父様は脳梗塞の再発でうつ病に。さらに、骨折を機に自活の自信をなくし、老人ホームへの入居を考え始めました。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
入居者の身体状況に適した個別リハビリに定評がある。看護師が日中常駐。医療対応もよく、内科、精神科と連携。

ホーム(2)
少人数でアットホームな雰囲気。スタッフの人員体制が2:1以下と手厚い。自宅に近い。機能訓練士によるリハビリも対応可能。

ホーム(3)
生活リハビリに力を入れており、レクリエーションも充実。内科、精神科、整形外科が入った総合病院と連携。

エピソード詳細

ご対象者様は70代の男性で独居。同じマンション内に娘様ご家族がお住まいです。脳梗塞を発病するまでは行動的であったお父様も、脳梗塞が再発しうつ病に。さらには骨折が原因で杖歩行になりました。娘様は日中、お仕事をされているので、お父様はデイサービスをご利用でした。

しかし、通い始めたデイサービスでは、お父様の希望するリハビリの内容ではありませんでした。次第にお父様は家に引きこもるようになり、娘様からあいらいふ入居相談室にお電話がありました。ご自宅にうかがってお父様と娘様からお話を聞くと、お父様はリハビリができる老人ホームに入り、お友だちを作りたいと。娘様は内科、精神科、整形外科に通院しやすいホームをご希望でした。

そこで、希望条件に合った3軒のホームをご提案。結果的に開設間もないホームを選ばれました。ちょうど集団体操を行っている時間帯に見学のご案内したところ、お父様はご入居者と一緒に体を動かし始めたのです。その姿に感極まった娘様が「ここなら安心!」とご決断。医療面に定評がある上、ホーム周辺の土地勘がおありだった点やお孫様が学校帰りに訪問しやすい点などもご入居の決め手になりました。

今回のポイント

・リハビリは本人の要望とホームの方針、実績が見合っていることが大事。
・リハビリ目的の入居は実際にリハビリの様子を見学してから決めたい。
・相談員は本人や家族のニーズを引き出した上で最適な提案を行う。

堀井 彩 相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談