過保護な介護で体は衰退!?

【困っていること】

・父は誤嚥性肺炎と両手首を骨折後、食事は介助が必要になる。 
・デイサービスを利用するも、上げ膳据え膳の状態で体は衰退する一方。
・リハビリができるホームに入り、身体機能の維持と向上を図りたい。

入居したホーム

常勤の理学療法士がおり、個別リハビリも充実。自立支援が活発。

相談者の概況

ご対象者様は90代の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で手もうまく使えない状態です。デイサービスを利用中ですが、過保護な介護で体は衰退の一途。りハビリができるホームをご希望です。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
常勤の理学療法士におり、個別リハビリも対応。嚥下機能の評価などを行い、日常のケアに反映。父が昔住んでいた場所。

ホーム(2)
ベテランのケアスタッフがそろっており、人員体制も手厚い。機能訓練指導員によるリハビリを実施。駅からのアクセスは不便。

ホーム(3)
開設間もないホームなので最新の設備できれい。レクリエーションや地域交流が活発で、生活リハビリに力を入れている。

エピソード詳細

ご対象者様は90代で独居の男性。誤嚥性肺炎で嚥下機能が弱り、両手首の骨折で上手に手を使えなくなり食事は一部介助が必要に。日中はデイサービスをご利用でしたが、食事は全介助でとろみ食が提供されるなど過保護な対応で、お父様の身体機能はどんどん低下。夜は近所に住む長女様と次女様が交替で、毎晩、泊まり込みで介護にあたっていたのです。娘様の負担は増える一方でしたので、ケアマネージャー様を通してご相談がありました。

娘様に直接お会いしてお話を伺うと、数年前からお父様に合った老人ホームを探していたものの、満足のいくところが見つからず、今に至ると。お父様も身体機能の維持や向上をお望みでしたので、娘様が通いやすいエリアでリハビリが充実しているホームを3軒ご提案しました。

すべて見学された上で、選ばれたのは常勤の理学療法士による個別リハビリが受けられ、嚥下機能訓練に力を入れているホーム。娘様のご質問に施設長が的確に答えてくださったことや、お父様にとってなじみのある土地であったことも大きな安心につながり、入居の決め手となりました。

今回のポイント

・リハビリ優先の場合は本人に適した環境が整っていることが大事。
・必要以上の介護サービスが身体機能の低下を招く可能性もある。
・家から離れていても、なじみがある場所は入居生活に慣れるのも早い。

大井田 有香 相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談