少しでも歩けるようになりたい

【困っていること】

・父が骨折で入院。車イスになり、リハビリに励んでいたが在宅での生活は困難。
・父と母が安全に暮らせるように自宅をバリアフリーに改築することに。
・改築中、父のリハビリができて、夫婦で入れるホームを考えている。

入居したホーム

常勤の理学療法士による個別リハビリが受けられるホーム。クリニックも併設。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

80代のお父様が骨折で入院後、車イスに。在宅復帰をしたものの、不便なことが多くバリアフリーに改築工事。その間、お父様のリハビリができて、要支援のお母様も一緒に入れる最適なホームを探しています。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
リハビリに特化した住宅型有料老人ホーム。常勤の理学療法士(PT)による個別リハビリも対応。クリニックが併設されている。

ホーム(2)
最新のリハビリマシンを完備。巡回型のPTによる個別リハビリも実施。ケアスタッフの人員体制が手厚い。

ホーム(3)
常勤の理学療法士がいるが、個別リハビリより生活リハビリを重視。集団体操や手工芸などの機能訓練にも力を入れている。

エピソード詳細

80代のお父様とお母様は、息子様ご家族と同居ですが、お父様が骨折をして入院。車イスになり「早く歩けるようになりたい」とリハビリに励んでいました。退院後、在宅復帰をしたものの、段差の多い家で車イスの移動やリハビリが困難に。そこでバリアフリーの改築工事を決断。その間、お父様のリハビリができて、要支援のお母様も一緒に入居できる老人ホームを検討したいと、息子様から居宅支援事業所のケアマネジャー様を通してご連絡がありました。

予算的に余裕があったので、ご自宅に近くてリハビリに強いホームを3軒ご提案しました。違いはリハビリの内容と設備。ホーム側の重視しているリハビリがPTによる個別リハビリか、ケアスタッフによる生活リハビリか。また、最新のリハビリマシンが導入されているなど、ハード面がどれだけ充実しているか。最終的に選ばれたのは、常勤の理学療法士による個別リハビリが受けられ、クリニックを併設したホーム。建物もきれいです。

今ではホームの生活に慣れ親しまれ、家の改修工事が終了しても、時折、自宅に戻る程度。お父様も前向きにリハビリに取り組んでいらっしゃいます。

今回のポイント

・相談員はリハビリの目的や身体状況に最適なホームを提案できる。
・常勤のPTによる個別リハビリは、リハビリに専念したい人におすすめ。
・生活リハビリが活発なホームは無理なく機能訓練を続けたい人向け。

渋谷 壮介相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談