老健を退所後は、老人ホームでリハビリを継続して自宅復帰をかなえたい!!

【困っていること】

・妻は身体機能が急激に衰え入院。退院後、介護老人保健施設(老健)へ。
・老健の退所日が迫っているが、このまま家に戻って生活するのは困難。
・リハビリに特化したホームに入り、何とか自宅復帰を実現させたい。

入居したホーム

機能訓練士による個別リハビリが充実。自宅さながらの生活が堪能できる。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は、80代の女性。身体機能の衰えから、歩行が困難になり入院しました。退院後は老健に入所。退所を控えていますが、家に戻れる状態でないため、自宅復帰に向けてリハビリの強い老人ホームをご希望です。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
個別プランに基づき、機能訓練士によるリハビリを実施。自立支援に向けたサポート体制が整っている。自宅から少し離れている。

ホーム(2)
各フロアに機能訓練士が常勤。入居者の目標を実現させるためのリハビリプログラムが充実。自宅から近い。費用はやや高め。

ホーム(3)
手厚い介護とリハビリで定評がある。機能訓練室がゆったりとしたつくりで、トレーニングマシンも完備。自宅に近いが費用が高い。

エピソード詳細

ご夫婦2人暮らしだった80代の奥様は、身体機能が急激に低下し、歩けなくなり入院。退院後は、老健でお過ごしでした。その退所日が迫る中、義理の息子様から、「義父が義母のために老人ホームを探している。相談にのってほしい」とあいらいふ入居相談室にお電話が入ったのです。

義理の息子様は、以前に実母様のご入居で当室をご利用された方。その仲介を経て早速、旦那様と面談をしました。現状では奥様の自宅復帰は難しいので、リハビリのできるホームに入り、家に帰ることを目指したいとのこと。そこで、ご自宅周辺でリハビリに特化したホームを3軒選定しました。

1軒目は個別リハビリが手厚く、自立支援にも力を入れています。家から少し離れているものの、費用はお手頃。残りの2軒は家の近くで、リハビリマシンなどの設備も充実していますが、費用は高め。見学にあたり、各ホーム長にはリハビリ風景が見られるようお願いをしました。

旦那様は随分と悩まれた末に、1軒目のホームに決定。奥様の自宅復帰を願う気持ちが強い一方、それがいつかなうのか予測し難い点に不安があったからです。入居が長期に及んだ場合も想定し、費用の負担が少ないホームを選ばれたのでした。

今回のポイント

・入居に戸惑いがある場合、第三者を介した方が気持ちの整理がつきやすい。
・ホームに対する複雑な思いは、相談員が一つずつ傾聴して対処してくれる。
・自宅復帰に向けた入居の場合、個別リハビリが充実したホームがおすすめ。

末木 篤司相談員、南 江梨香相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談