夫婦バラバラでは娘様も負担

 相談者の概況

パーキンソン病を抱える80代のお母様。最近は足腰が弱り歩行も困難な上、服薬のタイミングを逸し、自宅で倒れてしまいました。独居なため不安になった娘様たちは老人ホームを検討。特別養護老人ホームに入所していたお父様も住み替え、一緒に同じホームへ入ることで、二重の安心を得ることができました。

【困っていること】

・持病にパーキンソン病。適切な薬調整ができる医師のいる病院に通いたい。
・自力歩行が難しく独居に不安。身体・嚥下リハビリできるホームを希望。
・特別養護老人ホームに入所中の片マヒの夫も、住み替えし、一緒のホームに入りたい。

 エピソード詳細

80代のお母様は独り暮らし。お父様は半身マヒを抱え、すでに特別養護老人ホームに入所中です。パーキンソン病であるお母様は、ある日、物忘れもあって服薬のタイミングを逸し自宅で倒れてしまう事態に。足腰が弱り歩行も困難となっていたため、近隣に住む娘様たちは不安になり、老人ホームを検討することになりました。
娘様たちの第一の希望は、今までと変わらず、信頼できる医師のいる病院でパーキンソン病の治療を受けたいというもの。その病院に通えるエリアで、医療ケアやリハビリのしっかりした老人ホームを提案することになりました。

いくつか老人ホームを見学し、一人ひとりに合わせたさまざまなリハビリなどをご覧になっているうちに「父も一緒に暮らせないでしょうか?」と長女様。お話を伺うと、お父様は、入所直後にやっていた嚥下訓練を再びやりたい、とのこと。お母様は、ご自身が老人ホームに入られることでお父様との接点が少なくなることや、娘様たちがそれぞれの施設へ足を運ぶ負担を懸念されていたこともあり、この案には大賛成。
早速、お母様の通われる病院に近く、かつ、お父様に必要な嚥下リハビリに対応でき、介護度の違うご夫婦を受け入れ可能なホームを選定し、ご提案。

お二人は、理学療法士や言語聴覚士がおり、身体の状態に合わせて個別リハビリができる老人ホームへ入居されることが決まりました。24時間看護スタッフが常勤している点も安心です。ご家族は「二重の安心を得ることができた」と大喜びされていました。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
PT(理学療法士)・ST(言語聴覚士)常勤で、身体状況に合わせた個別リハビリができる介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で診療科の充実した提携病院もある。

ホーム(2)
リハビリスタッフ常勤で、リハビリに非常に力を入れている介護付有料老人ホーム。母体が医療法人で看護スタッフが24時間常勤。

ホーム(3)
PT常勤の介護付有料老人ホーム。看護スタッフ日中常勤で「楽しくリハビリ」がモットー。提携病院もあり、自宅からは一番近い。

 入居したホーム

自宅や長女宅と同じエリアで、提携病院やリハビリが充実した老人ホーム。

 今回のポイント

・見学により隠れたニーズを引き出し、ご家族に安心を与えることができた。
・しっかりとリハビリに取り組みたい場合は、機能訓練指導員のいる施設もひとつの選択肢。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる