在宅復帰のためにリハビリを続けたい!

 相談者の概況

ご対象者様は70代の女性。要支援2で独り暮らしでしたが、肺炎で入院後、在宅での自立が難しい状態に。息子様はお母様をリハビリに強い老人ホームに入れ、在宅復帰を叶えることをお望みです。

【困っていること】

・70代の女性が入院。軽い認知症はあるが独り暮らしで自立して生活。
・退院しても在宅生活は困難。一時的に老人ホームへの入居を検討。
・老人ホームで病院同様にリハビリを続けて在宅復帰を叶えたい。

 エピソード詳細

ご対象者様は70代の女性。軽い認知症をお持ちですが、生活に支障をきたすレベルではなく、ほぼ自立した状態でお暮らしでした。しかし、肺炎で入院後、身体機能が衰え、家での生活が困難になったため、病院の医療ソーシャルワーカー様を通して、息子様からご相談がありました。

息子様としてはこの先、病院と同じようなリハビリができる老人ホームにお母様を短期間、入居させて在宅復帰を叶えたいというのです。目標とするリハビリ期間は2、3カ月。そこでリハビリに特化した4軒の老人ホームをご提案しました。内訳は介護付有料老人ホームと住宅型有料老人ホームを2軒ずつ。リハビリに強いといっても、老人ホームによって特徴が異なります。

最終的に息子様が選ばれたのは、ご実家に近くて手厚いケアが受けられる介護付有料老人ホーム。在宅復帰を目指すなら、朝起きてから夜寝るまでの生活動作をスムーズにできることが必須条件です。入居された老人ホームは機能訓練指導員による個別リハビリの他に、ケアスタッフが生活リハビリに力を入れており、毎日、リハビリのできる環境が整っていました。お母様は意欲的にリハビリに取り組まれ、入居後3カ月で在宅復帰を実現。今ではご自宅に戻って、お元気にお暮らしです。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
機能訓練指導員が常勤。毎日、リハビリができる。認知症の進行予防も重視。費用は少し高め。介護付有料老人ホーム。

ホーム(2)
理学療法士による個別リハビリが充実した介護付有料老人ホーム。嚥下機能訓練や認知症予防など、生活リハビリが活発。

ホーム(3)
24時間看護スタッフ常勤の住宅型有料老人ホーム。理学療法士、言語聴覚士、作業療法士の巡回によるリハビリを受けられる。入居金が高い。

ホーム(4)
デイサービス併設型の施設。機能訓練室完備。家から遠いが、住宅型有料老人ホームなので必要なサービスを選べて融通が利く。

 入居したホーム

手厚い人員体制で個別のリハビリメニューが充実。家に近い。

 今回のポイント

・リハビリ重視で老人ホームを選ぶ場合は、本人の目標に合った選択が必須。
・リハビリは、本人の意欲を引き出せる環境が大切。
・施設見学の時に、どういうリハビリを行っているのか確認すること。
・老人ホームのリハビリは病院と違って生活リハビリが中心になる。
・リハビリを成功させるために施設の設備、スタッフの体制なども確認。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談