そのリハビリ、本当に必要?

 相談者の概況

相談者は対象者の長男。対象者は70代女性で独居。ベッドから転落して骨折、入院しましたが、退院後に独居は無理だと病院が判断。ご家族も施設入居を希望して、リハビリのできる老人ホームを探していました。

【困っていること】

・予想外のスピード退院、じっくり考える時間が無い。
・老健でリハビリがしたい、でも老健入所は間に合わない。

 エピソード詳細

70代のご対象者様はある時、自宅ベッドから転落して骨折。入院して手術しましたが、退院後に自宅へ戻るのは困難だったため老人ホームを探していました。

ご長男様と面談すると、リハビリを受けたいので老健と老人ホームで迷っているとのこと。しかしその後の連絡では「予想よりも退院日が早まった。老健入所は間に合わない」と混乱したご様子に。そこであえて情報量を絞り込み、ご提案候補をシンプルな一覧にしてご提案しました。

希望通りリハに強いホームを見学する中で、ご家族様はあることが気になりました。それは「リハに強いホームは活気があるけど、大人しい母には合わないかも」ということ。大人しい性格のご対象者様には、賑やかさよりも落ち着いたホームの方が安心できると気づかれたのです。そこもう1件のホームを見学すると、リハは一般的ですが入居者やスタッフの雰囲気が上品で、ご対象者様にはぴったりの環境。さらに24時間看護スタッフ常駐で、終の棲家として考えた場合により安心感を得られることがわかりました。

当初の予定だったリハ中心のホームから変更し、生涯の安心感を選んだご長男様。「最初はネットで探そうとしたが、情報量が多すぎて逆に混乱した。相談員さんが対面で、こちらの質問に答える形で情報を伝えてくれたので、どのホームがベストか迷わず決めることができた」と感謝の言葉をいただいたのが印象的でした。

 選定ホーム

ホーム① ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常駐。駅から近く、長男宅からアクセスがよい。ホテルライクで上品な雰囲気。

ホーム②
介護付有料老人ホーム。リハビリに強く、理学療法士(PT)常駐。長男・長女の中間地点。

ホーム③
介護付有料老人ホーム。リハビリに強く、柔道整復師・鍼灸マッサージ師常駐。長男・長女の中間地点。

 入居したホーム

スタッフや入居者の雰囲気が上品で、終の棲家として安心できるホーム

 今回のポイント

・伝える情報はあえてシンプルに。会話の中で知りたい情報にお答えしたいから
・老人ホームは終の棲家。目先の条件に惑わされずにこれからの生活を考える

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる