実家で転倒したままの母を発見

【困っていること】

・娘が実家に行くと、居間で母が転倒したまま動けなくなっていた。
・担当のケアマネジャー様に連絡すると、度々、母が転倒していると判明!
・散歩や窓の開閉で、外の空気を感じたい。ホームでも同じにようにできる?

入居したホーム

居室は介護度別にフロア分け。リハビリに特化。レクリエーションも豊富。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者様は、独居で80代後半の女性。娘様が帰省した際、居間で転倒したままのお母様を発見。ケアマネジャー様に連絡すると、家での転倒は度々であると報告を受けビックリ!すぐにお母様のホーム入居を検討します。

選定ホーム

ホーム(1)
車イスでもゆったりと生活できる居室。屋内外のレクリエーションが充実しており、生活リハビリに力を入れている。

ホーム(2) ※入居ホーム
リハビリに特化しており、個別リハビリも対応。居室は介護度別にフロア分け。入居者同士で、複数のサークルを自主運営している。

エピソード詳細

ご対象者様は、独居で80代後半のお母様。外出は車イスですが、家ではつたい歩き。認知症もなく、週3回、デイサービスに通って、お元気にお過ごしでした。ある日、娘様がご実家に行くと、居間で転倒したまま動けなくなっているお母様を発見!!

すぐにケアマネジャー様と面会をすると「家での転倒は度々あった」との報告を受け愕然(がくぜん)となります。その際に娘様は弊社のリーフレットを入手され、あいらいふ入居相談室にお電話をかけてこられました。

お母様の安全を第一に考えての老人ホーム選び。娘様のご希望は「リハビリができて、行動的な母に合った明るい雰囲気のホーム」です。その点も勘案してホームを2軒選定したあと、連れ立って見学へ出かけました。

居室が広めで、レクリエーションが豊富な1軒目に続いて、次のホームで入居者様同士が談笑している姿を目の当たりにしたお母様。「デイサービスの雰囲気に似ている。ここなら楽しく生活できそう」と実感されて、こちらに決めました。実際、居室フロアが介護度別になっているので、自立度の高い方同士の交流もさかんです。また、散歩など外出の機会も多く、居室の窓を開けられる点も評価につながりました。

今回のポイント

・独居で転倒が度重なるようになったら、そろそろホーム入居を検討したい。
・自立度の高い人は、介護度別にフロア分けされているホームもおすすめ。
・相談員は居室の窓の開閉など、細かい要望にも対応してホームを選定。
・「入居する本人の希望」は、見学時に改めて明確になることも。

照屋 晶平相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談