脳挫傷で嚥下障害になりペースト食に、リハビリをして好物を食べたい。

【困っていること】

・父は脳挫傷で入院。嚥下(えんげ)障害になって、好物が食べられない。
・退院後は機能訓練士がいるホームに入り、リハビリを続けたい。
・娘はネットで色々と検索したが、何を基準に決めるべきかがわからない。

入居したホーム

24時間看護スタッフ常勤で、個別リハビリも充実。食を選ぶ楽しみがある。

相談者の概況

80代のお父様は、転倒による脳挫傷で入院。嚥下障害のため、ペースト食です。娘様は、お父様がリハビリの充実した老人ホームに入り、嚥下訓練を行って好物のうなぎを食べられるようになることを望んでいました。

選定ホーム

ホーム(1)
リハビリに特化し、専任の機能訓練士によるきめ細やかな指導を受けられる。24時間看護スタッフ常勤で、手厚いサポート体制。

ホーム(2)
24時間看護スタッフ常勤でクリニックを併設。嚥下訓練にも力を入れている。嚥下評価を行い、入居者に合った食事でも定評がある。

ホーム(3) ※入居ホーム
24時間看護スタッフ常勤。理学療法士、作業療法士による個別リハビリも対応。屋上庭園で散歩が楽しめ、食形態の選択幅も広い。

エピソード詳細

娘様家族と同居する80代のお父様は、外出先で転倒して脳挫傷で入院。嚥下障害となり、ペースト食を召し上がっていました。退院日が近づいた頃、医療ソーシャルワーカー様を通じて娘様から、あいらいふ入居相談室にご相談があったのです。

娘様と会ってお話しをすると、お父様はかなりの食通で「好物のうなぎを食べられるように、老人ホームでリハビリを続けたい」とのこと。

選定は3軒。まずは、個別リハビリで定評があるホーム。次は言語聴覚士と連携し、嚥下訓練をしていて、食形態に合わせた食事も人気のホーム。最後は理学療法士と作業療法士が常勤し、リハビリメニューが充実しているホーム。
見学は、遠方に住んでいる息子様も同行できる日に設定。ご家族に試食していただくために普通食とペースト食のご用意もお願いしました。

3軒目を見学後に、そのホーム内の相談室をお借りして家族会議を開催。娘様もネットで検索して色々とご存知でしたが、最後に見学したホームを選ばれました。屋上庭園をご覧になった際「ここならお父さんと一緒に散歩ができる」と気に入られたのです。入居後の生活をイメージしやすかったこと、食の好みを共有できたことも大きな決断理由でした。

今回のポイント

・ホームの情報は、パンフレットやネット情報だけでは見えない部分も多い。
・相談員は入居者に合ったベストな選定を行い、詳しい情報も提供できる。
・交渉すれば、ホーム内の相談室を借りて家族会議を設定できることも。

阿部 琢也相談員

お電話でのご相談 お電話でのご相談