糖尿病を患いインスリンの治療が必要です。このコロナ禍でも入居できる老人ホームはありますか?

エリアの縛りを外すことで選択肢は広がる

 相談者の概況

人工透析を必要とする80代のお母様は、近所に住む娘様の助けを借りて独り暮らしを続けていました。しかし、最近は認知症が進行してきたため、娘様は老人ホームへの入居を検討します。現在通っている透析病院は変更したくないとのことで、病院に近い老人ホームを探しますが、お母様は透析用のカテーテルを胸に挿入していたため、対応できる老人ホームが近隣にはありませんでした。

【困っていること】

・複数の持病があり、認知症も進行したため自宅での生活が難しい。
・人工透析が週3回必要で、胸に透析用のカテーテルを挿入している。
・透析病院を変えたくないが、近隣ではケアできる適切な老人ホームがない。

 エピソード詳細

人工透析を必要とする80代のお母様は、ほかにも様々な持病を抱えていましたが、近所に住む娘様の助けを借りながら、何とか独り暮らしを続けていました。しかし、最近は認知症が急速に進行。さすがに独り暮らしは限界だと感じた娘様は、老人ホームへの入居を決意します。

入居後の娘様が訪問するときの利便性と人工透析をするために現在通っている病院は変更したくないということで、エリアは娘様のご自宅近くを希望しています。ただ、お母様は透析用のカテーテルを胸に挿入していたため、それをケアできる老人ホームは限られます。ご希望のエリアでは対応できる老人ホームがないとわかっていましたが、念のためエリアの全老人ホームに確認。残念ながらやはり全ての老人ホームが、対応できないとの回答でした。

その結果を娘様に伝え、そして、別の視点で探すことを提案しました。自宅近くが難しければ病院を変更しなくてはいけません。となれば訪問の利便性を最優先に考えましょう、と。

娘様は自動車で職場に通勤しています。娘様のご自宅と勤め先の間であれば通勤の帰りに寄ることができますし、いくつか受け入れ可能な老人ホームがあるので、この視点で探すことをご提案しました。

4軒を見学し選んだのは、透析が必要な人の受け入れ実績があり、近くの透析病院と連携している医療ケアに強い老人ホームでした。自宅からは遠くなっても、通勤の途中に立ち寄ることができます。また、大型スーパーが近くにあるので買い出しにも便利です。さらに、手厚い医療ケアの体制や施設長様のお人柄をたいそう気に入ったご様子で、娘様はとても満足されていました。

入居後も、老人ホームの対応や通いやすさに非常に満足しているとのことで、後日、娘様よりあらためて感謝のお言葉をいただくほどでした。

 選定ホーム

ホーム(1)
大手企業が運営する介護付有料老人ホーム。都心に近くて利便性もよく、また公園もあり自然環境が整った住環境が魅力。

ホーム(2)
オープンから10年以上の実績ある介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤で、医療的に重い人でも受け入れ可能。

ホーム(3)
オープンしたての介護付有料老人ホーム。レクリエーションやイベントの充実を図り、接遇の研修などケアスタッフの質の維持にも注力。

ホーム(4) ※入居ホーム
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。たん吸引や点滴、お看取りも可能。レクリエーションやイベントにも注力。

 今回のポイント

・老人ホームへの通いやすさは、自宅近くに限定せず生活圏全体で考えるとよい。
・エリアにこだわらなければ、老人ホームの選択肢は増える。
・要望が満たされない場合、プロの視点で優先すべきポイントを見直すことも必要。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる