アクセスより医療ケアの実績を重視!?

 相談者の概況

ALSで70代の男性。娘様ご夫婦とお暮らしですが、病状が進み入院。医療依存度が高く、退院後は医療ケアが万全な老人ホームへのご入居を検討。看取りまで対応可能な老人ホームをお探しです。

【困っていること】

・70代の男性は娘夫婦と同居。ALSを発症後、病状が悪化して入院。
・全介助で医療ニーズも高いため退院後は老人ホームを検討。
・娘は父が寝たきりでも楽しいと感じる入居生活を望んでいる。

 エピソード詳細

ご対象者様は娘様ご夫婦と同居の70代の男性。数年前にALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、訪問介護・看護のサービスを利用していましたが、病状が急激に悪化して入院。ALSは運動を司る神経細胞に障害が起き、体を動かしづらくなることで筋肉が劣化していく難病です。最終的に自発呼吸も困難になります。

お父様は退院が決まったものの、全介助で寝たきり状態であるため、病院の医療ソーシャルワーカー様を通して娘様からご相談がありました。娘様は医療ケアが受けられ、お父様が最期まで楽しい時間を過ごせるようにとレクリエーションやイベントが充実した老人ホームをご希望でした。

お父様のお身体の状態から24時間看護スタッフが常勤で、医療ケアに強い老人ホームをご提案しました。アクセスの点で迷われましたが、結果的に家から少し離れた老人ホームにご入居。決め手となったのは施設長がALSの専門的な知識をお持ちで、受け入れ実績があったこと。人工呼吸器が必要になる終末期の対応まで具体的な例を挙げてお話しされた点にありました。さらに近隣の国立病院と連携していることも安心材料となり、「ここなら看取りまでお願いできる」と娘様が決断されたのです。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤で、ALSの入居者の受け入れ態勢が整っている。レクリエーションやイベントが豊富。家から少し遠い。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。介護度別に居室フロアが分かれている。24時間看護スタッフ常勤。母体が医療法人で医療依存度の高い人の対応も万全。家からも通いやすい。

ホーム(3)
介護付有料老人ホーム。音楽療法などリハビリやレクリエーションのメニューが充実。併設のクリニックは夜間も対応可能。24時間看護スタッフ常勤。

ホーム(4)
介護付有料老人ホーム。近隣に大学付属病院があり、医療機関との連携がスムーズ。24時間看護スタッフ常勤。家から近い。

 入居したホーム

24時間看護スタッフ常勤。施設長がALSの対応に詳しく実績も豊富。

 今回のポイント

・相談員は入居者の医療ニーズを引き出し、適切な老人ホームを提案できる。
・相談員は施設の実績など相談者が必要な情報を提供できる。
・看取りまでお願いする場合は、終末期の対応についても確認すべき。
・医療ケアが必要な場合、内容によって受け入れの可否が分かれる。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる