インスリン注射の回数とタイミングは?

 相談者の概況

70代で糖尿病のお母様は独り暮らし。1日3回食前にインスリン注射が必要です。ある日脳梗塞で倒れ、病院へ搬送され治療を受けますが、右半身にマヒが残り、車イスや介助が必要な要介護3。さらに認知機能も低下し、インスリン自己注射も困難な状況です。

【困っていること】

・独り暮らし。脳梗塞で入院するが、右半身にマヒが残り要介護3。
・1日3回食前にインスリン注射が必要。
・認知機能の低下で、自身でインスリン注射の管理ができなくなってしまった。

 エピソード詳細

70代のお母様は、糖尿病で1日3回食前にインスリン注射を必要としていましたが、ご自身でインスリン管理をしながら、一人で暮らしていらっしゃいました。しかし、ある日、糖尿病の慢性合併症のひとつである脳梗塞で倒れてしまいます。タイミングよく訪問された娘様がその姿を発見。お母様は、病院へ救急搬送され一命を取りとめますが、右半身にマヒが残り、車イスや介助が必要な要介護3。さらに認知機能も低下、インスリンの打ち残しや打ち忘れなどの恐れもあり、自己管理が困難な状況になってしまいました。

リハビリを続ける日々の中、退院の見通しが立ちましたが、このまま自宅に戻ることは難しいと、病院の医療ソーシャルワーカー様を通じて、娘様より、あいらいふ相談室へご連絡を頂きました。

朝食前のインスリン注射も必要なことから、看護スタッフが24時間常勤、または日中常勤でも朝食時間帯も対応可能な老人ホームに打診。受け入れ可能な老人ホームのうち、娘様が通いやすい2軒を見学して頂きました。

入居を決められたのは、24時間看護スタッフが常勤し、手厚い2:1の人員体制で生活リハビリに力を入れている老人ホーム。お母様はご自身のペースで少しずつできることを取り戻しているご様子です。

 選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤。人員体制2:1の手厚い介護。生活リハビリに力を入れている。新しくきれいな館内。娘様宅から近い。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤。入居者のご状況でフロア分けされている。個別リハビリに力を入れている。レクリエーションやサークル活動も盛ん。娘様が通いやすいエリアにある。

 入居したホーム

生活リハビリに力を入れている、24時間看護スタッフ常勤の老人ホーム

 今回のポイント

・認知機能の低下時は、インスリン管理や合併症のリスク管理などのサポートが必要。
・インスリン注射の回数とタイミングにより、看護スタッフの常勤時間帯を考慮する。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談