右半身マヒに加え嚥下(えんげ)機能も低下

 相談者の概況

相談者は息子様。80代のお母様が脳梗塞で入院し、右半身にマヒが残った上、口から食事を摂ることができなくなり末梢点滴に。状態が安定した後、胃ろうを造設しましたが、ご家族は経口摂取を希望され、予算内でリハビリのできる施設を探しています。

【困っていること】

・脳梗塞で入院後、介護老人保健施設(老健)に。マヒが残り要介護5。
・老健入所中に弱ってしまい、口からの摂食ができなくなり再び病院へ入院。
・家族は経口摂取を希望。嚥下リハビリが可能なホームに入居させたい。

 エピソード詳細

ご対象者様は、息子様夫婦と暮らす80代のお母様。脳梗塞で倒れ急性期病院に入院しましたが、右半身にマヒが残ってしまいました。その後、リハビリのため介護老人保健施設(老健)へと入所しましたが、衰弱から経口摂取ができなくなり末梢点滴を受けることになり、再び入院。状態が安定した後、胃ろうを造設しました。ですが、息子様は口から食事を取って欲しいという願いがあり、自宅近くで嚥下(えんげ)リハビリのできる介護施設を探すために、あいらいふ入居相談室にいらっしゃいました。

相談員は胃ろう対応が可能であることと、嚥下リハビリを行っている施設を選定。あらかじめお母様の身体状況をホーム担当者に説明していたことから、退院日にそのままホームに入居できることになりました。今では順調に嚥下リハビリも進み、息子様も大変喜ばれているそうです。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。提携医療施設の医師人脈に富み、嚥下リハビリから経口摂取になった実績あり。予算より高い。

ホーム(2)
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。機能訓練士が充実し、リハビリに強い。ほぼ予算内。

ホーム(3)
クリニック併設の介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤。理学療法士が在籍しリハビリが充実。予算よりやや高い。

 入居したホーム

看護スタッフ常勤、嚥下リハビリから経口摂取になった実績のある医療に強いホーム。

 今回のポイント

・ご家族とホーム双方の条件や要望をクリアするために、相談員が調整。
・医療ニーズの内容によっては、ホームの受け入れは様々。
・ホームとの綿密なやり取りから、入居審査もスムーズになる。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談