近隣はホーム高額エリアで、予算オーバー

 相談者の概況

ご対象者は80代のお母様。誤嚥性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要な寝たきりの状態です。退院後も介護が必要ですが、老いたお父様では難しいと考えた娘様がホームを検討。ご希望はお父様が通える範囲内でした。

【困っていること】

・母が誤嚥(ごえん)性肺炎で入院。経鼻経管栄養が必要な要介護4の寝たきり状態。
・年老いた父では自宅介護は難しく、退院を控えホームへの入居を検討。
・父が通える範囲内のホームを希望するも、料金での折り合いがつかない。

 選定ホーム

ホーム(1)
自宅最寄り駅沿線の介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で病状や介護度でフロア分けされている。人員配置は3:1。
 
ホーム(2)※入居ホーム
自宅からバスで通える介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で明るい雰囲気。柔軟な対応が可能で人員配置は2:1。

 入居したホーム

自宅に近く、柔軟に手厚い介護を行ってくれるホーム。

 エピソード詳細

お父様と2人で暮らしていた80代のお母様。誤嚥(ごえん)性肺炎で入院し、経鼻経管栄養が必要となった上、ほぼ寝たきり状態の要介護4となってしまいました。
お父様はお元気なものの、退院後のお母様の面倒を見るには無理があると判断された娘様。ご自身にもご家庭があり介護が難しいことから、ホームを検討することにしました。

娘様のご要望は、お父様が無理なく面会に通える範囲にあるホーム。ご予算も明確に提示されていました。
ご両親宅近隣のホーム相場はかなり高額。担当エリアを知り尽くした相談員は、その事実を娘様に伝えつつ、医療ケアが必要なお母様に最適と思われるホームをピックアップ。そのうち1軒は予算を少し上回っていましたが、施設長と話ができる時間帯で見学を設定し、訪問を促しました。

金銭面での不安を抱えながら見学に出かけた娘様。しかし、ホームの雰囲気同様、明るい笑顔で迎えてくれた施設長の「ご状態を見ながら離床のお手伝いをしていきますね。身体を起こすことで生き生きとしてきますよ」という前向きで柔軟な対応に感銘を受けました。また、しっかり介護してくれる看護スタッフの様子に「ここなら安心して預けられる」と、金額以上のメリットを感じ入居を決められました。

お母様には笑顔が増え、お父様はご自宅からバス1本で毎日面会に。娘様は大変満足されています。

 今回のポイント

・相場などの現実を正しく伝え、優先順位の見直しを促し家族の迷いを軽減。
・施設のハード面・ソフト面両方を熟知し、最適と思われるホームをご提案。
・家族が施設長と直接話ができるよう、スケジューリングにも配慮。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談