スペックだけでは比べられないホーム選び

【困っていること】

・誤嚥(ごえん)性肺炎で胃ろうを造設。ADL(日常生活動作)が低下し寝たきりに。
・同居の子供は仕事が忙しく日中独居に。万が一のことがあったら心配。
・医療対応に強いホームに入りたい。

入居したホーム

施設長の人柄がよく、見学時の相性が抜群。

相談者の概況

対象者は80代女性。相談者は同居の長女。誤嚥性肺炎で入院して胃ろうを造設し、ADLも低下して寝たきりになりました。日中独居となる自宅へ戻ることは困難で、看護スタッフ24時間常勤の老人ホームを探していました。

選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で人員配置は2:1。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が常勤。クリニックを併設。

ホーム(2)※入居ホーム 
介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で人員配置は2:1。作業療法士が常勤。

ホーム(3)
介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で人員配置は2.5:1。施設長は看護師の有資格者。

ホーム(4)
介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で人員配置は2.5:1。医療対応、リハビリに定評がある。

ホーム(5)
介護付有料老人ホーム。看護スタッフ24時間常勤で人員配置は2.5:1。リハビリ機器が充実。

エピソード詳細

80代のお母様は、経営する会社を長女様に譲ってリタイア生活中。しかし誤嚥性肺炎を起こして入院し、胃ろうを造りました。入院前は長女様と同居していましたが、会社を引き継いだ長女様は多忙で日中はほぼ独居状態。入院生活でADLが低下して寝たきりになり、また、将来的にはたんの吸引が必要になることも考えられるため、看護スタッフが24時間常勤している老人ホームへの入居を希望していました。

ご要望は「看護スタッフ常勤で、なるべく自宅近くのホーム」。そこで、ご自宅からタクシーで通えるエリア内で5軒の候補を提案し、見学ホームを3つに絞りました。そのうちの1軒は、施設長とご家族様の相性がとてもよく、話が弾んでいる様子が伝わってきました。しかしながら相談員の目から見ると、他に見学したホームの方が医療体制は整っているように感じられました。

そこで、見学した候補の中で、ご家族様が気に入ったホームと他のホームを比較して、メリット・デメリットを包み隠さずご説明したところ、「それでも相性のよいホームがいい」ときっぱり。「介護」は人と人の触れあいです。ホーム選びもスペックだけでは比べられないことがあることを、あらためて実感させられたケースになりました。

今回のポイント

・スペックだけでは決まらない。時には「相性重視」のホーム選びも。
・メリットもデメリットもオープンに説明。それがあいらいふのモットー。
・現在の身体の状態だけでなく、将来のことも考えた施設選定。

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる


お電話でのご相談 お電話でのご相談