専門の外部講師を招聘したレクリエーションを行う老人ホームもある

 相談者の概況

お母様の認知症が進行して同居中の息子様夫婦への暴言がエスカレート。息子様が老人ホームへの入居を検討しています。こだわりの強いお母様の希望を叶えるのに難航しますが、紹介した中に「広い居室がいい」「趣味の陶芸を続けたい」という条件を満たす老人ホームがあり、最初は消極的だったお母様も入居に前向きになりました。

【困っていること】

・認知症のお母様の、同居するご家族様に対する暴言がエスカレート。
・息子様は老人ホームを検討するが、お母様は入居を拒否している。
・居室の広さや趣味を楽しみたいなど絶対条件がある。

 エピソード詳細

ご対象者様は、息子様夫婦と同居する80代の女性です。認知症が進行してご家族様への暴言がエスカレートしていました。息子様がこれ以上お母様と同居するのが難しいと思い始めた矢先、お母様が心臓に違和感を覚え、検査入院をすることになりました。息子様はこのタイミングで老人ホームに入居してもらいたいと、ケアマネジャー様に相談。あいらいふ入居相談室につながりました。

息子様に希望条件を伺うと、「広い居室がいい」「趣味を続けたい」「心臓病の服薬管理をしてもらいたい」という3点は譲れないとのことでした。

広い居室や趣味へのこだわりはお母様のこれまでの生活に所以があり、長年暮らすご自宅は郊外にある大きな一軒家。そのためコンパクトな空間の暮らしでは閉塞感があり、ストレスを感じてしまうようです。また、お母様は陶芸に造詣が深く、ご自宅にアトリエを構えて教室も開催していました。

認知症や身体機能の衰えにより外出がままならなくなり、ご自宅のアトリエで土と触れ合うことが唯一の生きがいとなった今、入居後も陶芸ができる老人ホームを探してほしいと強く希望されました。

老人ホームにはそれぞれ「強み」があり、今回はレクリエーションに力を入れているところを中心に選定しました。レクリエーションは老人ホームのスタッフや地域のボランティアが講師を務める場合が多いですが、中には書家や茶道家、声楽家など専門の外部講師を呼ぶケースもあり、趣味の時間を楽しみにしているご入居者様も多くいらっしゃいます。

中には茶室を備えた老人ホームもあり、老人ホームへ入居後も趣味を楽しめる環境が整ってきています。今回は電動ろくろがある、もしくは電動ろくろを設置してもかまわないという老人ホームをピックアップしました。

いくつか選定した中で、息子様は居室が広い老人ホームに目が止まりました。一般的に一人用の居室は18㎡程度ですが、選定した老人ホームは、すべての居室が23㎡以上ありました。実は介護の居室はあえてコンパクトに作っています。介護のしやすさは当然ですが、ベッドからトイレに行くにもカーテンを開けるにも、居室が広いと移動距離が長くなり転倒のリスクが高まります。

この老人ホームは、比較的お元気な方が多く、ベッドや家具の配置などで転倒リスクの軽減を図っていました。「ここだ!」と直感的にいけると感じた息子様。老人ホームへの入居を拒んでいたお母様でしたが、趣味の陶芸に加え、看護スタッフが24時間常勤で心臓の不安にも対応でき、かつ日当たりがよく開放感のある居室を気に入ったご様子でした。

体験入居の結果、エントランスや共有部の老人ホームらしくない高級感のある雰囲気も気に入り、さらにご入居者様の中に陶芸が趣味の方がいて意気投合。その後本契約となり、今ではほかのご入居者様との交流やろくろを回す時間を楽しみ、充実した日々を送っているそうです。

ご相談者様のこだわりに応えるのは大変ですが、明確な要望があるほうが的を絞って探しやすいともいえ、入居後の満足度が高いのも事実です。無理難題と思える条件であっても、まずはご相談いただければと思います。

 選定ホーム

ホーム(1) 
介護付有料老人ホーム。木材をふんだんに使用した建物で温もりのある雰囲気。一般的な介護居室より広く、定期的に認知症ケアの研修を実施している。

ホーム(2)※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。各分野の専門家を講師に迎えたカルチャー講座を実施。認知症発症リスクを低減する運動プログラムも充実している。

ホーム(3)
オープンしたばかりの介護付有料老人ホーム。居室の広さは一般的だが共用設備が洗練されていて、施設っぽさを感じさせないホテルのような造り。

ホーム(4)
介護付有料老人ホーム。一般的な介護居室より広めで部屋のタイプが多い。ケア内容は一般的。

 今回のポイント

・一般的な老人ホームの居室の広さは18㎡程度。
・専門の外部講師を招聘したレクリエーションを行う老人ホームもある。
・老人ホームへの要望は十人十色。ご相談者様に合う老人ホームはきっとある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる