不満から不安神経症が悪化し、家族は疲弊

 相談者の概況

ご対象者は、サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の不安神経症を抱える80代女性。デイサービスへの参加が苦痛で食事にも不満を持ち、不安神経症が悪化。娘様は毎日のように呼び出され、疲弊しきっています。

【困っていること】

・サービス付き高齢者向け住宅に住む母が、食事やデイサービス参加に不満。
・不満から不安神経症が悪化。些細なことで毎日呼び出しがあり家族は疲弊。
・同一エリアで、本人が気に入るホームへの住み替えを希望。

 エピソード詳細

サービス付き高齢者向け住宅にご入居中の80代のお母様は、半ば参加必須なデイサービスが苦痛な上、食事が口に合わないといった不満から、持病の不安神経症が悪化。毎日のように呼び出され困った娘様は、老人ホームの住み替えを検討されることになりました。

「自宅から通いやすく、食事が充実したホームで、本人が気に入るところに決めたい」と相談を受けたあいらいふ相談員。娘様のお話からお母様の社交的な一面にも目を向け、レクリエーションにも力を入れる5軒をピックアップ。
見学は、食事を含め各ホームの特徴を感じられる時間帯を選び、疲れて最適な判断ができなくならないよう、希望に近いホームを早めに回るよう調整しました。まずは娘様に見学していただいて、お母様に見学いただくホームを厳選。入居までスムーズに運ぶよう、ホームと相談しお部屋を仮押さえした上で、お母様の嗜好に合わせた試食メニューを用意し、ご本人に見学・試食して頂きました。

結果、建物は古いながらも食事やレクリエーション、気配りの行き届いたホームを大変気に入り入居が決定。
実はそのホーム、相談員が当初より希望に一番近いと確信していたところだったそうです。

 選定ホーム

ホーム(1)
24時間介護スタッフ常勤のサービス付き高齢者向け住宅。担当ヘルパー制で食事もおいしく、電車やバスでご家族が通いやすい。

ホーム(2)※入居ホーム
建物は古いがスタッフの丁寧な対応が評判の介護付有料老人ホーム。参加自由なレクリエーションと旬の食材を使った食事を提供。自宅からも近い。

ホーム(3)
24時間看護スタッフ常勤の住宅型有料老人ホーム。近隣エリアに位置し、新しくきれいでデイサービスを併設。

ホーム(4)
カラオケルームやシアタールームがある介護付有料老人ホーム。近隣エリアで、お元気な方が多く活気があり、季節感のある食事も。

ホーム(5)
24時間看護スタッフ、機能訓練指導員常勤の介護付有料老人ホーム。明るく開放的なつくりで、食事に力を入れている。近隣エリア。

 入居したホーム

自宅近くの、食事やレクリエーションが充実した介護付有料老人ホーム。

 今回のポイント

・お昼の試食ができるように見学時間帯を設定。
・見学する際は、ご入居者様の様子がわかる時間帯に訪問スケジュールを調整。
・ご家族見学時に、ご本人様の見学・入居までを見越し、お部屋を仮押さえ。
・老人ホームから老人ホームへの住み替えをご検討の方にも対応。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談