母はホームへの入居を決断したが、娘は……

 相談者の概況

90代のお母様は脳梗塞になりマヒが残りました。娘様が休職して介護にあたっていましたが、誤嚥性肺炎で再び入院。このままでは娘様は退職せざるをえない状況に。お母様は老人ホームへの入居を決断されました。

【困っていること】

・90代の母は脳梗塞を発症し寝たきりになり、娘が休職して在宅介護。
・誤嚥(ごえん)性肺炎で再び入院。娘の休職もそろそろ限界に。
・母は在宅復帰が困難な状態で、自らホームに入ると決心。

 エピソード詳細

独り暮らしで90代のお母様は、脳梗塞で後遺症が残り要介護3。歩行や食事に介助が必要になりました。近くに住む娘様が休職して在宅で介護する中、誤嚥(ごえん)性肺炎で再び入院。急性期から地域包括ケア病棟に移られましたが、自宅復帰は厳しそうです。娘様も休職期間を延ばすなら退職せざるをえない状況に。それを知ったお母様は「これ以上、迷惑をかけられない」と自ら老人ホームに入ることを決心。病院の医療ソーシャルワーカー様を通してご相談がありました。

娘様は初め、お母様の決断を受け入れられないご様子でしたが、お互いの幸せを考えた末、お母様のご希望に合う老人ホームを検討することに同意されました。お母様は地元愛が強く、また長い入院生活で食が細くなってしまったので、おいしい食事が楽しめる自宅近くのホームをご提案しました。

娘様は3軒のホームを見学し、試食もされて、お母様のお口に一番合うと思われた介護付有料老人ホームを選ばれました。そこはカラオケルームとミニシアターも併設され、歌と映画が大好きなお母様にとってうれしい環境が完備。費用は予算より少し高めでしたが、入居年数を想定し、貯蓄でまかなえる金額であると判断され、無事、入居されました。

 選定ホーム

ホーム(1)
看護スタッフ日中常勤で医療的ケアの対応も可能。住宅型有料老人ホームなので、自分の好みのケアプランが可能。自宅から近くて安価。

ホーム(2)※入居ホーム
居室がゆったりとした作りで、食事がおいしい。イベントやレクリエーションが豊富。高級感がある。家から近い介護付有料老人ホーム。

ホーム(3)
高級ホテルさながらの、開設間もない介護付有料老人ホーム。料理長は和食の名店出身で味はお墨付き。費用が高い。

 入居したホーム

食事がおいしい。ミニシアターとカラオケルームを併設。自宅に近い。

 今回のポイント

・趣味、嗜好に合った設備やサービスがあるホームは満足度も高い。
・食事は、評判だけでなく食事形態(きざみ食、ミキサー食などの対応)を確認。
・相談員は各ホームの料理の味やスタッフの情報も詳しく把握している。
・入居年数や貯蓄も踏まえて毎月の支払い可能額を算出したい。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談