お互いの安全と幸せのために老老介護を卒業

【困っていること】

・80代の夫婦で老老介護。夫は認知症の症状が出始め、杖歩行の状態。
・旅行先で夫が転倒した際、妻は手を貸すこともできず救急車で搬送。
・共倒れのリスクを心配した夫は、自ら老人ホームに入ることを決意する。

入居したホーム

食事時間やメニューが自分の好みで選べるなど、生活自由度の高いホーム。

相談者の概況

80代のご主人様は軽い認知症で杖歩行。奥様とお暮らしですが、ご夫婦で旅行した際、転倒。奥様は腰痛持ちで手を貸すこともできず、救急車を呼ぶ始末。これを機にご主人様は老人ホームへの入居を考えます。

選定ホーム

ホーム(1)
入居者の心に寄り添い、やる気を引き出し、生きがいのある生活を重視している。家にもっとも近い。サービス付き高齢者向け住宅。

ホーム(2)
(1)と同系列の介護付有料老人ホーム。広々とした敷地に庭園を併設。自立支援に力を入れている。家から少し遠い。

ホーム(3)※入居ホーム
開設間もない介護付有料老人ホーム。食事の時間とメニューが選べるレストラン方式。自宅さながらの暮らしが堪能できる。自宅に近い。

ホーム(4)
開放感と高級感のあるつくりで、開設1年目の介護付有料老人ホーム。自然環境にも恵まれている。家から比較的近い。

エピソード詳細

ご対象者様は80代の男性で奥様とお暮らしです。ご主人様は軽い認知症で杖歩行ですが、ほぼ自立状態。ある日、奥様と旅行した際に転倒。腰痛持ちの奥様は手を貸すことができず、救急車を呼んで事なきを得ました。しかし、これを機にご主人様は自ら老人ホームを入ることを決意。地域包括支援センターのケアマネジャー様を通してご相談がありました。

ご主人様が積極的に入居を検討される理由は、お父様が晩年、老人ホームで楽しく過ごされていた影響もあり、ご自身の人生設計のプランに組み込まれていたから。それだけにこだわりも強く、施設らしくないつくりで自宅に近く、自分らしい生活が堪能できるホームをご希望でした。入居金は多少出しても、月額利用料は年金の範囲内で。じっくり時間をかけて選びたいということで、10数軒選定し、4軒のご見学と体験入居。

最終的に選ばれたのは開設間もない介護付有料老人ホーム。自立支援に力を入れており、外出も身体状況に問題がなければ基本的に自由。食事がおいしく、時間とメニューが好きに選べる点も気に入られました。今では奥様もたびたび訪問され、ご自宅さながらの生活を満喫されています。

今回のポイント

・入居生活を想定し、本人の性格や好みに合ったホーム選びが大切。
・相談員は入居期間をふまえ、予算に見合った提案を行う。
・老老介護の場合、いざという時の解決策を話し合っておくとよい。
・体験入居をすることで、より具体的に入居生活がわかることが多い。

お電話でのご相談 お電話でのご相談