甲乙つけがたい素晴らしいホーム。決め手となったのは!

 相談者の概況

相談者は三女様。対象者は90代ご夫婦。ご夫婦での入居を検討していたところ、ご主人様が逝去。選定方針を認知症の奥様にフォーカスし直し、入居できるホームを探しています。

【困っていること】

・夫婦で入居予定のところ、ご主人様が突然、ご逝去。
・同居の娘様は不規則勤務のため、認知症の奥様が自宅で独り。

 エピソード詳細

ともに90代のご夫婦は、認知症の奥様をご主人様がサポートしながら暮らしていました。三女様が同居されていましたが、不規則勤務で自宅を留守にしがちで、老老介護の状態に。そんなある日、突然ご主人様がベッドから起き上がれなくなりました。

急きょご夫婦で入居できる老人ホームを探すことに。しかし、2つのホームを見学した翌日、容態が急変し、残念ながらご主人様はご逝去されてしまいます。葬儀が落ち着いてから、あらためて奥様お一人で入居するためのホームを選ぶことになりました。

再度提案した2つのホームはどちらも認知症の対応に優れ、自宅からのアクセスも抜群。相談員の目から見ても甲乙つけがたい候補でした。ところが資料の上では同じようなスペックだったのに、三女様は2つ目のホームを見るなり、一目で気に入ってしまいました。

入居者が使用できる洗濯機がある、食事に刺身が出るなどのポイントが、「洗濯好きでお寿司が好物の母にぴったり。ここしかない」と入居を即決されたのです。

スペックは同じでしたが、三女様にとって大切なことは、お母様が洗濯などの小さな日常を過ごせる空間だった――そのことに、気づかせていただくことができたケースになりました。

 選定ホーム

ホーム(1) 
介護付有料老人ホーム。自宅からやや遠い。介護度の高い入居者が多く、ケアが手厚い。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。自宅からやや遠い。介護度は低い入居者が多く、レクリエーションが充実。

ホーム(3)
介護付有料老人ホーム。自宅からアクセスがよい。認知症にも対応し、地域との交流イベントなどを開催。

ホーム(4)※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。自宅からアクセスがよい。認知症フロア設置。広い敷地、選べる昼食、自由に使える洗濯機あり。

 入居したホーム

自分で洗濯ができるなど、日常に近い生活空間を提供するホーム。

 今回のポイント

・選定途中で条件が変わっても、経験豊富な相談員ならば迅速に対応できる。
・選定ポイントは人それぞれ。スペックだけではわからない肌感覚も重要に。
・ホームは住まい。これまでの「暮らし」が可能なホームはある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる