老々介護の限界。夫に続いて妻も脳梗塞で入院

【困っていること】

・夫が脳梗塞を発症後、半身マヒと認知症に。
・妻が夫を自宅で介護していたが、妻も脳梗塞になり入院。
・妻の退院が決まったが、以前のように夫の面倒を家で見ることは困難。

入居したホーム

認知症のケアに力を入れている。自宅に近くて妻が通いやすい施設。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

80代の男性は脳梗塞になり半身マヒに。その後、認知症も併発し、奥様が自宅で介護していましたが、その奥様も脳梗塞で入院。退院後、自宅に戻っても、ご主人の面倒を見ることができない状態です。

選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
認知症のケアに特化しており、レクリエーションやイベントなどが充実。家から近いので、奥様が通うのに便利。

ホーム(2)
アットホームな雰囲気で、レクリエーションのメニューが豊富なので、自分のやりたいことを選べる。食事もおいしいと評判。

ホーム(3)
サービス付き高齢者向け住宅。自身に合ったオーダーメイドの介護サービスが受けられる。

エピソード詳細

ご夫婦でお暮らしの90代の男性は脳梗塞を発症後、半身マヒになり、脳血管性の認知症も併発。普段は車イスの生活で、奥様が在宅で介護をしていました。しかし、奥様も脳梗塞になり入院。その間、ご主人様はお泊りデイサービスをご利用されていました。ただ、奥様の退院が決まっても、ご自宅で今まで通りご主人様の介護は難しい状況です。

キーパーソンは息子様。離れた所にお住まいで、お仕事が忙しいため、ご両親の身の安全を考えて老人ホームへの入居を検討したいと、居宅支援事業所のケアマネジャー様を通してご相談がありました。ご希望は実家の近くで、すぐに入れるホーム。初めの段階ではご夫婦で入られるか、ご主人様だけになるのか奥様の回復次第ということでした。そこで、ご夫婦での入居も視野に入れた、ご希望の条件に合うホームを3軒ご提案。

幸い奥様の回復が順調で、退院までに在宅復帰が可能な状態になられたので、ご主人様だけの入居に。結果的に、認知症に特化したホームを気に入られ、息子様はご見学後、すぐに入居の申し込みをされました。

今回のポイント

・認知症ケアに強いホームは症状や身体状況に合った対応がスムーズ。
・相談員はエリア担当制なのでその地区についての施設情報に詳しい。
・相談員は入居者一人ひとりのニーズをくみとり適切な提案ができる。

斉藤 愛美相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談