利用料は年金内に収めたい

 相談者の概況

認知症を抱える80代のお母様は、徘徊などの問題行動を繰り返しています。困った息子様は老人ホームを検討しますが、預貯金がほとんどありません。できれば利用料は年金内の低予算に収めたい、とあいらいふ入居相談室にご連絡をいただきました。

【困っていること】

・独居のお母様の認知症が進行。徘徊などの問題行動が度々起きている。
・息子様は時間が不規則な仕事をしているため、同居は難しい。
・預貯金が少なく、年金の範囲内で入居できる老人ホームを希望。

 エピソード詳細

認知症を抱える80代のお母様は独り暮らし。近所に息子様が住んでいらっしゃいますが、時間が不規則な仕事をされており、なかなかお世話ができない状況でした。このような中、お母様が徘徊などの問題行動を繰り返すようになります。

ある日、出張で遠方にいた息子様のもとに、警察から電話がかかってくるという事態に発展。困り果てた息子様は、周囲の勧めもあり老人ホームへの入居を検討することにしました。

息子様は、ケアマネジャー様からあいらいふ入居相談室の連絡先を入手。お電話をいただいた息子様のご要望は主に2つありました。「利用料は、預貯金がないためお母様の年金内でまかないたい」「頻繁に面会がしたいので息子様のご自宅の近くにしてほしい」

お母様には認知症ケアに力を入れている老人ホームがベストだと判断しましたが、息子様は大きなターミナル駅の近くにお住まいのため、利用料が年金内に収まる老人ホームが見つかりません。

一般的に老人ホームの利用料は、土地の価格に連動します。サービス内容が同じ場合、都心のほうが高く、郊外のほうが安くなる傾向にあります。今回の場合は、息子様のご自宅が大きなターミナル駅の近くということで、最優先事項の「利用料を年金内に収める」老人ホーム探しは難航しました。

そこで、息子様のご自宅ではなく、「息子様の勤務先の近くではいかがでしょうか」とご提案しました。息子様の勤務先は郊外にあり、都心とは反対方向の電車に揺られて通勤。勤務先の最寄駅の1つ先の駅に、認知症ケアに定評のある老人ホームがありました。それでも年金内に収めることは難しく多少の追加予算は必要でしたが、その老人ホームは駅から徒歩で数分の距離にあり、面会するには便利な立地です。

見学時にお母様の認知症ケアについて施設長様に質問したところ、息子様の不安が解消。追加予算も何とか対応できる範囲でした。「駅に近いのであれば通うのも苦ではない」とご納得いただき、入居を決定されました。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
日中帯看護スタッフ常勤の住宅型有料老人ホーム。心身の状態でフロア分けされ、デイサービスも併設。最寄駅から徒歩5分の立地。

ホーム(2)
デイサービスを併設する住宅型有料老人ホーム。郊外にあるため自然豊かで静かな環境に加え、利用料も安価。

 今回のポイント

・ケア内容が同じ場合、一般的に月額利用料は都心のほうが高く、郊外のほうが安い。
・頻繁に面会に行きたいのであれば、「自宅に近い」ではなく「勤務先の近く」という選択肢もある。
・あいらいふ入居相談室は、ご本人と主介護者の生活スタイルに合わせて老人ホームを選定する。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる