夫婦で1つの部屋ではなく、あえて別々の個室にする

 相談者の概況

お父様とお母様はともに80代で2人暮らしです。比較的状態の軽いお父様が、お母様の世話をしていましたが、2人とも認知症が進行。また、身体機能も低下してきたため、夫婦で老人ホームへ入居することにしました。比較的お元気とはいえお父様も介護が必要な状態のため、あえて別々の個室にすることを提案しました。

【困っていること】

・2人暮らしで80代のご夫婦は、最近、2人とも認知症が進行。
・身体機能も低下して転倒を繰り返したため、老人ホームへの入居を検討。
・夫婦一緒に同じ老人ホームに入りたい。

 エピソード詳細

2人暮らしの80代のご夫婦はともに軽い認知症をお持ちでした。お母様は料理の手順を忘れたり、鍋を火にかけっぱなしにしたりするなど、最近急激に認知症が進行。比較的状態の軽いお父様が、お母様のお世話をしている状況でした。

少し離れた場所に住む息子様夫婦は、ともに仕事をしているため日中は世話ができません。しかも最近では認知症に加え、足腰も弱くなり転倒することが増えてきたため、息子様は「2人だけの生活は限界」と判断。老人ホームへの入居を検討することにしました。

ケアマネジャー様からあいらいふ入居相談室の連絡先を聞いた息子様から連絡があり、さっそく対面相談をしました。要望をお聞きしたところ、ご夫婦で一緒に老人ホームに住んでもらいたい、とのこと。今後の面会のことや、お母様が寂しがるから、というのが理由でした。

ご夫婦での入居の場合、いくつか気をつけることがあります。

仲の良いご夫婦でも、それぞれ別の個室でお住まいになったほうがベストな場合があります。というのも、お父様も介護が必要な状態です。しかし、「お母様の世話をしなければいけない」という責任感があるため、このままご夫婦一緒の部屋にしてしまうと、お父様は疲弊しながらもお母様の世話をしてしまいます。そうならないためにも、今回は別々の個室に入居する必要がありました。

それと、一般的にはどちらか状態の重たい人に合わせた老人ホーム選定が必要です。要介護度の重い人を受け入れ可能な老人ホームは、軽い人の受け入れもできます。しかし、軽い人をおもに受け入れている老人ホームの場合、ケア体制が整わず重い人を受け入れられない場合があります。今回は、お父様もお母様も同じくらいの要介護度でしたので、あまり気にしなくても大丈夫でした。

あと、ご夫婦での入居では、部屋を2つ同時にご用意しなくてはいけません。評判の良い老人ホームや利用料が安価な老人ホームは人気があるため、部屋が2つ空いていることはまれです。

今回はタイミングよく、認知症ケアに力を入れている介護付有料老人ホームが見つかりました。ここはレクリエーションやイベントにも力を入れていて、地元の自治会とも積極的に交流をしているため活気があります。お母様にもお父様にもベストな老人ホームをご紹介することができたと思います。

 選定ホーム

ホーム(1)
最寄駅から徒歩3分の介護付有料老人ホーム。ケアサービスやレクリエーションの内容は一般的だが利用料は安価。

ホーム(2)※入居ホーム
認知症の方も安心できる担当ヘルパー制の介護付有料老人ホーム。地元コミュニティとの交流やレクリエーション、イベントが充実。焼き立てパンやコンビニエンスストアの移動訪問販売がある。

 今回のポイント

・ご夫婦での入居の場合、老老介護の状態が続かないように、あえて別々の個室にする。
・ご夫婦での入居の場合、一般的にはどちらか状態の重たい人に合わせた選定が必要。
・ご夫婦での入居の場合、人気がある老人ホームは、2つ部屋が空いていることはまれ。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる