今までやっていた趣味は継続できる?

 相談者の概況

軽い認知症を持つ90代のお母様は転倒して腕を骨折。入院中にADLが低下し、息子様夫婦に迷惑をかけたくないと、自ら老人ホームに行くとおっしゃいます。趣味や急な来客でも安心して対応ができる、ホテルのような豪華な共有スペースを持つ老人ホームへの入居を決めました。

【困っていること】

・転倒骨折で入院。ADLが低下して退院後は見守りが必要に。
・息子様夫婦は仕事があり、日中お母様は一人になってしまう。
・認知症はあるが、多趣味で話し好き。活気のある老人ホームを希望。

 エピソード詳細

息子様夫婦と同居する90代のお母様は、社交的で趣味を楽しみながら日々お元気に過ごされていました。要介護1で認知症を抱えていますが、ちょっとした物忘れ程度の軽いものだったので、今のところ何の不自由もありません。

ところがある日、友人との外出中に転倒してしまい、腕を骨折。救急搬送されて入院することに。それがきっかけでADL(日常生活動作)が著しく低下し、認知症も少し重くなってしまいました。退院後は介護とまではいきませんが、見守りが必要な状態になります。しかし、同居とはいえ息子様夫婦はお仕事があるので、日中にお母様は一人になってしまいます。

お母様は、息子様夫婦に負担をかけたくないと、自ら老人ホームに入ることを決断されました。

お母様のご要望は、自宅のように友人を呼ぶことができるきれいな老人ホーム。また、今までの生活スタイルを変えることなく、趣味を続けたいとのこと。お母様は貯蓄も十分で、息子様夫婦からの援助もあったため、ご紹介できる候補はたくさんありました。

息子様夫婦が、いくつかの老人ホームを見学されましたが、どこも素晴らしくなかなか決めることができません。ホテルのような質感のある調度品、多種多様で活気のあるレクリエーション、パーソンセンタードケア(認知症の方の立場に立って対象を理解しケアを提供)の考えに基づいた認知症ケアなど、どこもお母様のご希望を十分クリアしていました。

その中で、居住部分と共用部分がはっきりと分けられている老人ホームに入居を決定。豪華なエントランスだけでなく、応接室や談話室など、社交的で友達の多いお母様が、急な来客でも安心して対応できることが決め手となりました。「今では新しいお友達もできて、楽しく暮らしています」と、息子様夫婦からその後の様子をお聞きしました。

 選定ホーム

ホーム(1)
24時間看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。人員体制が2:1と手厚く、医療的に重い方でも受け入れ可能。オープン直後で新しい。

ホーム(2)
木のぬくもりのある介護付有料老人ホーム。季節のイベントのほか日々のレクリエーションにも力を入れ、アットホームな印象。

ホーム(3)※入居ホーム
ホテルのように豪華な雰囲気を持つ介護付有料老人ホーム。コンシェルジュが常勤し傾聴に努めている。イベントやレクリエーションが豊富。

ホーム(4)
業界最大手の一つが運営する介護付有料老人ホーム。認知症や医療、リハビリなどケア技術には定評がある。

 入居したホーム

イベントやレクリエーションが豊富な、ホテルのような雰囲気の老人ホーム。

 今回のポイント

・ご本人が入居の意思を示している場合、スムーズに進む。
・居住部分と共用部分がきちんと分けられていると、急な来客でも安心して対応できる。