認知症で精神病院以外に受け入れ先はある?

【困っていること】

・夫と同居の90代の女性。認知症が進行し、精神病院に入院。
・投薬など一通りの治療を終えたが、夫は妻の在宅復帰を拒否!
・老人ホームを検討しているが、認知症の受け入れ先を探すのが困難。

入居したホーム

認知症の対応やリハビリで多くの実績がある。自宅に近い。

相談者の概況

ご対象者様は90代の女性。ご夫婦でお暮らしでしたが、奥様の認知症が進み、精神病院に入院。治療を終え退院が決定するもご主人様は奥様の在宅復帰を拒み、息子様が老人ホームを検討中です。

選定ホーム

ホーム(1)
人員体制が手厚く、ベテランの施設長を中心に認知症の受け入れも積極的に対応。実績は豊富だが家から遠く、建物も古め。

ホーム(2)※入居ホーム
リハビリと認知症ケアに力を入れている。医療法人が母体なので医療との連携も万全。建物がきれいで自宅に近い。

エピソード詳細

ご対象者様は90代の女性で認知症、要介護3。キーパーソンは息子様ですが、飛行機で移動するくらいの距離にお住いまいのため、お父様が在宅でお母様を介護。お母様は認知症が進行すると、異食や徘徊が顕著になり、精神病院に入院します。一通りの治療を終え、退院日も決まったものの、お父様も90代とご高齢で、息子様も遠方にお住まいなので、お母様を引き取ることが困難です。この状態にご家族は困り果て、病院の医療ソーシャルワーカー様からご相談がありました。

息子様はお母様のために老人ホームをお考えでしたが、受け入れ先がないのでは?と不安のご様子です。そこで適切な老人ホームを数軒選定し、各施設長にお母様の状態をお伝えして、受け入れ可能なホームを内々に1軒押さえておきました。そこは家から離れた場所にありますが、施設長がベテランで、認知症の受け入れ体制も整っています。安心材料がひとつ見つかっただけでも、ご家族は安心です。さらに、もう1軒、家の近くにある老人ホームもご提案。こちらは医療法人が母体で、医療と連携も完備され、認知症ケアやリハビリに力を入れています。

結果的に2軒目にご見学した自宅近くの老人ホームを選ばれました。偶然にも、お母様が昔お住まいであったなじみ深い場所でもありました。今ではお母様も落ち着いて、老人ホームでの生活を楽しまれています。

今回のポイント

・認知症で受け入れ先がないと悩むより、まずプロに相談することが大切。
・入居が困難な場合でも相談員を通すと施設側との交渉もスムーズ。
・認知症の状態を事前に伝えることが入居後のトラブル防止につながる。
・家族間で解決できない問題は第三者を入れた方が解決に至りやすい。

お電話でのご相談 お電話でのご相談