成年後見人が老人ホームを選ぶ基準とは?

 相談者の概況

70代独居の女性で認知症が著しく進行。「見当識障害」も起き、独りで暮らすことが困難となったため、地域包括支援センターのケアマネジャー様からご相談がありました。女性は身寄りがなく成年後見制度を利用しています。

【困っていること】

・70代の女性。認知症が顕著に進み、独り暮らしが困難になった。
・身寄りがないため成年後見制度を利用。弁護士が成年後見人に。
・成年後見人の意向もくんだ上で施設選定をしなくてはならない。

 エピソード詳細

70代で独居の女性。認知症が進み、自分の居場所がわからなくなる「見当識障害」も起き、独居の継続が難しいと判断した地域包括支援センターのケアマネジャー様からご相談がありました。

女性は身寄りがなく認知症のため判断能力もないため、市長が申し立てを行い、成年後見制度を利用。弁護士が成年後見人となりました。したがってホームの選定も家族の視点からではなく、成年後見人とご対象者様、双方のニーズに合うホームを提案する必要がありました。

成年後見人から出された要望は入居金が0円で月額利用料は年金の範囲内。問題が起きてもすべてホームで解決できる体制が条件でした。女性は認知症以外、健康状態も良好。まだ70代なので入居が20年以上に及ぶことも想定し、費用は極力抑え、万が一のために医療対応も完備したところを選定。

最終的に選ばれたのはリハビリ専門3職種(※)がそろい、認知症のケアに力を入れている介護付有料老人ホームでした。そこは相部屋で利用料も安価。今回と同様の事例を受け入れた実績があり、成年後見人との質疑応答がスムーズに進んだ点が決め手となりました。

※リハビリ専門3職種…理学療法士は運動機能の回復をサポート、作業療法士は日常生活の動作を通して身体機能の維持や回復をサポート、言語聴覚士は言語能力や聴覚能力の回復をサポートする。

 選定ホーム

ホーム(1)
日中看護スタッフ常勤の介護付有料老人ホーム。自然環境に恵まれ、近くには総合病院もある。駅から近くて交通の便もよい。月額利用料が安い。

ホーム(2)※入居ホーム
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が常勤で、リハビリに力を入れている。24時間看護スタッフ常勤。相部屋で利用料も安価。

 入居したホーム

リハビリに定評があり、24時間看護スタッフ常勤で医療対応がよい。

 今回のポイント

・成年後見人は、本人に代わって入居契約の代行や支払い手続きをする。
・入居年齢が比較的若い人は、入居期間を多めに想定して予算を算出。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる