長女の反対でホーム入居がご破算!?

 相談者の概況

独居で80代のお父様が足首を骨折し入院治療を受ける中、認知症が進行。徘徊などの迷惑行為が増え、退院を勧告されます。次女様がお父様の老人ホームを検討する中、長女様が注文をつけはじめ話がまとまりません。

【困っていること】

・80代の父が足首の骨折で入院。認知症が進み、病院内を徘徊。
・父の迷惑行為が増え、治療を終えた時点で病院から退院を勧告。
・主介護者の次女が老人ホームを探し始めたが、長女が猛反対。

 エピソード詳細

独居で80代のお父様は足首の骨折で入院。入院生活で認知症が進み、他の病室に入ってしまうなどの迷惑行為が増え、病院から当初の予定より早く退院するようにと勧告を受けます。とはいえ、在宅復帰は不可能であるため、主介護者の次女様から病院の医療ソーシャルワーカー様を通してご相談がありました。

次女様は、次女様宅近くで、年金の範囲内で利用できる老人ホームに入居してもらいたいとおっしゃいます。お父様は抹消静脈栄養の点滴を受けているので、医療的ケアに強いホームをご提案。次女様は3軒のホームをご見学し、訪問看護ステーションを併設しているサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)を選ばれました。しかし、最終決定の段階で、今まで無関心だった長女様が出てきて、あれこれ注文をつけ始め、話が頓挫しかけました。

そこで長女様に、長女様が希望するご実家近くのホームと、次女様が決めたホームを見学していただきました。

ご実家は都心に近く、郊外に比べて利用料の相場が高めです。予算内で収めるには、次女様が選ばれた郊外のホームより、ハード面やソフト面でのクオリティを落とす必要があります。また、主介護者である次女様が頻繁に訪問できる、アクセスの良さも重要であることをあらためて伝えました。一つひとつ丁寧に説明し、実感していただくことで長女様もご納得。お父様は、娘様お二人が選ばれたホームに無事、入居することができました。

 選定ホーム

ホーム(1)
規模の大きい施設でイベントやレクリエーションなどが盛ん。日中看護スタッフ常勤。次女宅から比較的近い介護付有料老人ホーム。予算内。

ホーム(2)
看護スタッフが24時間常勤の介護付有料老人ホーム。夜間の見守りも手厚い。予算内でサービス内容も問題ないが設備がやや古い。次女の家から少し離れている。

ホーム(3)※入居ホーム
24時間対応の訪問看護ステーションを併設。次女宅に近い。開設間もないサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)。

 入居したホーム

医療との連携がとれている開設間もないホーム。次女宅に近い。

 今回のポイント

・不動産価格と同様に、利用料は都心が高く、郊外が低い傾向にある。
・予算が限られている場合は、エリアを広げて比較してみるとよい。
・介護にかかわらない第三者の発言で、話がふりだしに戻ることが多々ある。
・声の大きい人ではなく、本人や主介護者の視点でホームを選ぶことが肝要。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる