相談員が伝えた“生の声”が決め手

【困っていること】

・入院で認知症が急速に進行。問題行動があり自宅へ戻れない。
・肺炎で入院。医療と認知症に強く、リハビリができるホームを探したい。
・妻(母)は他界。残された父にはできるだけのことをしてあげたい。

入居したホーム

認知症ケアに定評があり、入院していた病院が提携医療機関のホーム。

相談者の概況

対象者は80代男性で独居。相談者は対象者の娘様。肺炎で入院したのをきっかけに認知症が進行し、問題行動なども出てきたため、退院後に安心して暮らせる認知症ケアに強いホームを探していました。

選定ホーム

ホーム(1) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤、個別リハビリ・嚥下リハビリあり。多床室。カメラ設置で家族はいつでも様子が見られる。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤。担当ヘルパー制。

ホーム(3)
介護付有料老人ホーム。24時間看護スタッフ常勤。医療・介護が充実していて個別リハビリ・嚥下リハビリあり。有機野菜を使った食事。

エピソード詳細

80代のご対象者様は独居で杖歩行もでき、お元気に暮らしていました。しかし、肺炎で入院したのをきっかけに認知症が急激に進行。排せつに関する問題行動なども現れたため、認知症ケアに強いホームへの入居をご検討されました。

認知症に加え、肺炎で入院したことも考慮し、選定したのはいずれも24時間看護スタッフ常勤で医療対応に強いホーム。またレクリエーションよりも目的を持ったリハビリを好むという男性全般の傾向を考慮し、リハビリに強いホームも盛り込みました。さらにご提案にあたってはパンフレット上の情報だけでなく、実際の入居者様の生の声をできるだけお伝えするように配慮しました。

看護師資格を持つ女性施設長がいるホームと担当ヘルパー制ホームで迷われましたが、入院した病院が提携している協力医療機関になっていること、認知症に効果があるといわれている回想療法を行っていることが決め手となり、女性施設長のホームに入居が決まりました。ここは多床室で、多くの人の目があることがかえって転倒リスクの防止によいという気持ちもあったといいます。

入居後は毎日リハビリに励んでいるというご対象者様。ご家族様からは「なかなか聞くことができない入居者の生の声を伝えてもらい、とても役立った」と感謝の言葉をいただくことができました。

今回のポイント

・あいらいふは、パンフレットでは決してわからない“生の声”を伝えられる
・圧倒的な情報量の中から、相談者様の状況に応じて選定する作業をサポート

相談事例を検索する 

▲ 検索画面を閉じる


お電話でのご相談 お電話でのご相談