被害妄想、暴力、暴言で介護する家族もお手上げ!

 相談者の概況

ご対象者様は80代の女性で、長男ご夫婦と同居。被害妄想と暴言、暴力がひどく精神病院に入院。認知症と診断され治療を受けます。退院を控え、ご家族から家で見られないとご相談がありました。

【困っていること】

・母の被害妄想による暴言、暴力がひどくて同居の家族もなす術なし!
・精神病院に入院後、認知症とわかり、治療を行って退院の目途が。
・家族は母が在宅復帰することに反対!これ以上、家で見られない!!

 エピソード詳細

ご対象者様は80代の女性で要介護2。長男ご夫婦と同居でしたが、被害妄想と暴言、暴力がひどいため精神病院に入院。認知症と診断されます。さらに入院中にふらつき、尿失禁が現われ、認知症も悪化しています。

しかし、長男ご夫婦はお母様の暴言、暴力がトラウマになり、家で介護できる精神状態ではありません。そこで病院の医療ソーシャルワーカー様を通して、次男様から「家に近くて、予算内で入れる老人ホームを探してほしい」とご相談がありました。予算的にも厳しい条件でしたが、認知症の受入実績のある「住宅型有料老人ホーム」を2軒ご提案。ただし、お母様のご様子を施設長にお伝えすると、1軒目はご家族と面談してから、2軒目はご本人と直接、お会いしてから受け入れの判断をしたいという回答でした。

結局、1軒目の老人ホームに次男様がご見学に。お母様の様子をうかがった施設長から「何かあった場合は系列のホームも近隣に複数あるので、そちらに移ることも可能です」と力強いお言葉をいただき、お母様もこの老人ホームに無事入居することができました。今では認知症の薬や精神安定剤もきちんと服用し、お母様の状態も落ち着いているそうです。

 選定ホーム

ホーム(1)※入居ホーム
自然に恵まれた環境。周辺に系列の老人ホームがあり入居後の移動も可能。レクリエーションも充実した住宅型有料老人ホーム。費用が安い。

ホーム(2)
医療機関との提携が万全。スタッフの人員体制も手厚く、アットホームな雰囲気。家からも近い住宅型有料老人ホーム。費用は予算内。

 入居したホーム

認知症の受け入れに積極的。開設間もない。費用が安い。家に近い。

 今回のポイント

・妄想、暴言、暴力などの問題行動があると入居が難しいことが多い。
・認知症で入居困難に思える場合でもプロは適切な提案ができる。
・問題行動がある人でも環境によって落ち着く場合がある。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
お電話でのご相談 お電話でのご相談