独りぼっちの老人ホーム選び

【困っていること】

・夫は認知症で身体機能が弱り、介護老人保健施設(老健)に入所中。
・退所日を控え、妻が独りで老人ホームを探すが決断できずに悩んでいる。
・近所のホームは見尽くしてしまい、ケアマネジャーも手詰まりに。

入居したホーム

認知症のケアが手厚く、リハビリメニューも豊富。運営母体は医療法人。

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者は、80代の男性。認知症が進み、身体機能も衰え、老健に入所。退所日を控え、奥様は旦那様のために多くのホームを見学。いろいろと見過ぎて、どこがよいか判断できず、今後の方針も入居先も未定のままです。

選定ホーム

ホーム(1)
24時間看護スタッフ常勤。スタッフの人員体制が手厚い。認知症や医療依存度の高い人へのケアも万全。

ホーム(2) ※入居ホーム
リハビリが充実。温かい雰囲気で認知症の対応もきめ細やか。運営母体が医療法人で、医療との連携もスムーズ。

エピソード詳細

ご夫婦でお住まいだった80代の旦那様は、認知症が進み、身体機能も低下。歩行困難になり、老健に入所していました。退所日が決まった頃、奥様は旦那様のために老人ホームを探し始めます。しかし、いつになっても次の連絡がありません。その現状に心を痛めた老健のケアマネジャー様経由で、あいらいふ入居相談室にご相談が入りました。

奥様にお話を伺うと、独りでいろんなホームを見る度に理想がどんどん膨らみ、決断できずに悩んでいたそう。まずは、本当に必要な条件を整理することに。その段階で奥様は「旦那様が歩けるようにリハビリができて、医療ケアの整ったホーム」を望まれているとわかりました。

ご自宅近くのホームは見学し尽くしたということで、少し距離を延ばし、2軒のホームを選定。1軒目は奥様のご希望通り、24時間看護スタッフが常勤。2軒目は、認知症の対応も手厚く、リハビリも充実。看護スタッフは日中帯のみですが、病院との連携体制は整っています。

見学で「ここなら意思の疎通が難しい夫も、快適に安心して暮らせる」と判断した奥様は、2軒目のホームに決定。親身に話を聞いてくれたホームのスタッフのお人柄も、奥様の気持ちを後押ししました。

今回のポイント

・ホームを決める際、独りで悩むより専門家に相談した方が解決しやすい。
・認知症の状態に応じて、相談員はその方に合ったホームを提案できる。
・ホームの見学は3軒程度がよい。軒数が多過ぎると、かえって判断に迷う。
・人に話して情報を整理することで、本来のニーズが明確になることも多い。

阿部 将輝相談員

◆「入居を検討した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談