認知症姑の嫌がらせが止まない

【困っていること】

・認知症の母を息子夫婦が自宅で介護しており、日中はデイサービスを利用。
・息子夫婦の仕事が多忙になり、お泊りデイサービスの利用が増えてきた。
・母は嫁に暴言を吐き、弄便(ろうべん)による嫌がらせもひどい。

入居したホーム

自宅から近く、家庭的な雰囲気。多床室だが、隣に人がいる安心感がある。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者は、認知症の80代女性。息子様夫婦と同居ですが、共働きで忙しく、お泊りデイサービスを頻繁に利用。お母様の認知症が進行し、お嫁様への嫌がらせもひどくなる一方で、息子様が老人ホームを探し始めました。

選定ホーム

ホーム(1)
家から遠いが、建物がきれい。値段も手頃。介護、医療のサービスが充実している。

ホーム(2) ※入居ホーム
自宅から近く、家族も通いやすい。看取りまで対応。多床室だが、隣に人がいる安心感が大きい。費用も予算内。

エピソード詳細

80代のお母様は、認知症を患っています。同居の息子様夫婦は共働きで忙しいため、お泊りデイサービスを利用することが度々でした。お母様は認知症が進み、被害妄想も悪化。お嫁様に暴言を吐き、排せつ物を投げるなどの嫌がらせも。お嫁様は精神的に追い込まれ、悩んだ息子様から、ケアマネジャー様を通して、あいらいふ入居相談室にご連絡が入りました。

息子様夫婦と面談をしたところ、お嫁様は現状にお困りであるものの、自らが介護をせずにお母様を老人ホームに入れることは非人道的ではないか、と迷われています。相談員は、一人ひとりのお気持ちを考慮し、家庭的な雰囲気のホームを2軒選定。

まずは家から離れているものの、建物がきれいなホームを見学しました。息子様夫婦はホームの温かさにふれ、前向きな考えに変化したご様子です。2軒目は家の近所で値段も手頃ですが、多床室。

結果的に、多床室のホームを選ばれました。決め手は2つ。1つは、スープの冷めない距離の方が、お互いに安心して暮らせるということ。もう1つは、多床室で隣に人がいた方が孤独に陥りにくいと感じたこと。今では息子様夫婦も定期的にホームを訪れ、お母様も落ち着いて生活されています。

今回のポイント

・緊急性の高い入居でも、家族の心の整理をする時間は必要。
・認知症で自宅介護の場合、困りごとは第三者に相談した方が解決しやすい。
・納得感のあるホーム選びには、見学の順番が大切。

月岡 美智子相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談