即決を迫られた高齢の義妹は…

【困っていること】

・早期の退院が必要だが、独居の生活には戻れない。
・入院中に認知症が進んでおり、安心して過ごせるホーム選びが急務。
・キーパーソンは、80代の義妹だけ。

入居したホーム

義弟妹様が希望した、ご対象者様宅の近くで個室かつ低価格の老人ホーム。

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

相談者の概況

ご対象者は80代男性。独居で軽度の認知症です。食欲不振と脱水症状により入院し、退院後の独居は難しいため老人ホームを選択しました。入院による認知症の進行も懸念材料で、ホーム選びに時間的な余裕がありません。

選定ホーム

ホーム(1)
介護付有料老人ホーム。多床室。安価。ご対象者様のご自宅からやや近い。

ホーム(2)
介護付有料老人ホーム。個室。比較的安価。ご対象者様のご自宅から一番遠い。

ホーム(3) ※入居ホーム
介護付有料老人ホーム。個室。比較的安価。ご対象者様のご自宅に一番近い。

エピソード詳細

独居のご対象者様は、食欲不振に悩まされ、あるとき脱水症状で倒れてしまいます。訪問ヘルパーの発見により緊急入院したものの、環境の変化で認知症状が悪化。また病院から早期の退院を迫られています。

とはいえ入院前の生活に戻るのは難しく、病院のソーシャルワーカー様を通じてあいらいふ入居相談室にご相談をいただきました。入院が長引けば、その分、認知症の進行が危ぶまれます。そのため相談員は、すぐ病院にうかがいました。

問題は唯一のご家族である弟様は要介護状態で、キーパーソンは弟の妻である義妹様だけということ。義妹様自身もご高齢で、「自分だけで大切なことを判断する自信がない」とのことです。

そこで相談員は、弟様担当のケアマネジャー様に付き添ってもらうことをご提案。義妹様も信頼しているケアマネジャー様に同行してもらうことで、安心して老人ホーム見学ができました。

キーパーソンがご高齢だったり不安が強かったりする場合、相談員は特にわかりやすい説明を心がけています。老人ホームのスタッフは福祉の専門家ですが、説明の専門家ではありません。相談員が仲介することで、難しい部分を丁寧にお伝えしたことも、即決につながったようです。

今回のポイント

・信頼できるケアマネジャーに見学同行を依頼し、不安を解消できることも。
・ホームは福祉の専門家、入居相談は専門の相談員に任せて安心の場合も。
・環境の変化による認知症の悪化を防ぐには、早期決断が大切である。

淡路 敏夫相談員

◆「入居した老人ホーム」の資料請求 ◆
フリーダイヤル【0120-722-554】にご連絡ください。
無料にてパンフレットを郵送いたします。

お電話でのご相談 お電話でのご相談