主介護者の妻が寝たきりで多重介護は無理!!

 相談者の概況

ご対象者様は独居で80代の男性。右腕を骨折し入院。老健に移り退所日が迫っています。娘様がいますが難病で寝たきり。娘の夫である義理の息子様が主介護者に。お父様を引き取って見ることは困難です。

【困っていること】

・父が骨折で入院。娘がいるが寝たきりなので義理の息子が主介護者。
・父は老健に移り、退所日が決定。義理の息子は妻の介護で手一杯。
・父を老人ホームへ入れることを検討。予算的に近隣で探すのは厳しい。

 選定ホーム

ホーム(1)
開設間もない住宅型有料老人ホーム。24時間介護スタッフ常勤で予算内。自宅から電車で1時間程度。駅からのアクセスもよい。

ホーム(2)
自宅から少し離れているが予算内の住宅型有料老人ホーム。緑の多い閑静な住宅街にある。新しくてきれいな施設。

ホーム(3)※入居ホーム
家から遠いが、お父様が昔住んでいた土地。温泉付きで見晴らしもよいサービス付き高齢者向け住宅。人員体制が手厚い。予算内。

ホーム(4)
家から遠い。予算内だが居室にトイレがない。アットホームな雰囲気で少人数の住宅型有料老人ホーム。建物が新しく、イベントが充実。

 入居したホーム

家から遠いが父が昔住んだ場所。手厚いケアで温泉付き。予算内。

 エピソード詳細

80代の男性はお一人で元気にお暮らしでしたが、家で転倒した際、右手上腕骨を骨折。入院治療を受けた後、老健(介護老人保健施設)に入所。退所日を控え、杖歩行で独居生活は危ないとケアマネジャー様からご相談がありました。

お父様には娘様がいらっしゃいますが難病で寝たきりになり、キーパーソンは夫である義理の息子様。会社勤めをしながら奥様の介護にあたっていました。現状としてお父様の介護まで手が回らず、老人ホームへの入居を検討したいということでした。月額利用料は年金の範囲内をご希望。

予算的にご自宅に近いエリアでの選定は難しいとお伝えし、お父様のご性格や経歴、趣味などについてお話を伺った上で4軒をご提案。最終的に選ばれたのは、手厚い人員体制でリハビリも受けられるサービス付き高齢者向け住宅。お父様が若い頃、住んでいた場所にありました。温泉付きで食事もおいしいと評判。居室の窓から海も臨め、見事な景観です。義理の息子様が見学に行かれる前に、お父様に施設のパンフレットをご覧いただくと「ここは懐かしい場所だ」と一番に気に入られたのです。

 今回のポイント

・相談員は細かくヒアリングを行い、見えないニーズも引き出して提案。
・予算的に厳しい場合、エリアを広げざるを得ないことが多い。
・自立度が高い方は、サービス付きや住宅型の方が費用を抑えられる。
・家から離れた場所でも土地勘やゆかりがあると、入居後、親しみやすい。

あいらいふ入居相談室は
経験豊富な専門相談員による
老人ホーム探しの無料サポートサービスです。
無料でできるわけ/初めての方へ
お電話でのご相談 お電話でのご相談